私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス(2017'11月迄)から自己破産→人生再生中←今ココ)

ではどうぞ。


赤缶ドロップを知らない世代

あのね。
私はこのニュースを観て思い出した事がある。

私は定職にしっかり就けた事がほぼ無く大半は派遣会社からの派遣社員として働いていた時間が長かった。
その中に「日清食▲」という企業で実際にあった事。
本社は新宿にある。
「カ▲プヌード▲」で有名な会社。

そこで私は何をしていたかと言うと。
総務部お客様相談室という部署で外部からの電話(英語+日本語)と株主様対応を受けるのがメインワーク。

それ以外には新商品を試食したり他社製品と食べ比べをしたり。
タイマー片手に走ってみたり。
よくわからない商品の味見(毒味)をさせられたりしていた。
営業部との会議はただただ眠かった。
お客様から戻ってきた商品の一部を丁寧に剥ぎ取り研究機関部署へ提出するというような地味に簡単な部署だった。


そこでのクレーム電話は日常茶飯事だった。
その中でも特に多かったのが「こんな事では美智子様のご実家が泣かれますよ!」と仰るお怒りのお客様対応。
この場合の為に決まった説明がありました。
日清食品と上皇后美智子様のご実家は何の関係も無い企業ですが系列だと思っている人達が日本にはこんなにいたのか!とあの頃知った。
ちなみに職場の人達は皆親切で良き企業でした。


先日。
用があって以前私が働いた事のあるまた別の企業のビルのすぐ側へ行ったら工事中でね。
そこでは忘れないレベルの意地悪をされた企業社屋。
エンジェルちゃんマークの企業。
契約社員とは言え社員としての入社だっただけに当時はかなりモチベーションを失った。
今はね、あれから数年が過ぎて恨んではいない。
当時はその会社の商品やCMを観るのも嫌だった。

それでね。
工事中の敷地の周囲を囲んでいるところにあったマークを観て思わず記念に写真を撮ってしまった。
エンジェルちゃん達に罪は無いので。

もしお時間を許すようでしたら是非
これを読んで頂いている皆様の生まれ年の天使ちゃんマークを探して観て頂ければと思います。
歴史の授業で習ったで(あろう)時代生まれの方には特に当時の想い出話を伺ってみたいです。

入社研修で受けた社歴。
あの時は創業からの机上研修だけで。
天使マークの違いに気づかなかった事に感づきました。

先日のあの日のあの時。
微妙に変化していくシュールな天使ちゃんを観て外で笑っていたのはこの私です。
何のオチもありません。

それでは天使ちゃん達の生き様を観てください。










おわり。

トップへ戻る