私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

そして誰もいなくなった

f:id:ecoplace:20220310234836j:plain

2016年の夏に放送していたらしいものを観た

www.ntv.co.jp

今日の出来事を書きたい。日付が変わるまであと15分しか無いので急いで書く。

先日私が「いよいよ諦めてマイナンバーカードを作ろうかな〜」なんて話をしていたらある子が「コレ観て!」とDVDを貸してくれた。2016年に放送されていた(らしい)ドラマ。放送されていた当時マイナンバーの話題は無かっただろう?けど。このドラマを観てみるとゾッとするようなストーリー。現実的に?将来的に?起きても不思議じゃなくない!?と笑いそうになりながら観てみた。


「アノニマス」という言葉。日本のTVやネットでも耳にしたりする事が最近ちょくちょくあったからかな。
もはやドラマのストーリーに私が追加でストーリーを想像爆発させながら観てしまった。

拘置所や刑務所に入ると番号で自分を呼ばれると聞いた事があるけれどプライバシーの観念から病院や役所等では番号の紙を取ってその番号で呼ばれる事が今は当たり前になったよね。気づけばそれに違和感がなくなっていた。


「マイナンバー」私にもあるんだけど(当たり前よね)必要としない限り見る事は無い。職場に出した程度。そもそも申請をしていないのでカードがない。住民票をもらいに行きマイナンバーを入れるに丸をつけてその番号を控えて職場に提出した程度。

それでね。
話をドラマに戻すとね。自分のソーシャルセキュリティーナンバーが他人に乗っ取られてしまうという内容。名前や銀行口座クレジットカード。保険証や自分を証明する全てのものを他人に乗っ取られるというストーリー。自分のナンバーを売買しているマーケットがあるという内容を見てちょっと笑ったけど、ありえなくもないかも?と思った。
カナダで暮らしていた時に実際にソーシャルナンバーを売った人と買った人が逮捕された人の話を思い出した。日本は大丈夫?!

ドラマ。今日全部観れなかったから明日また帰宅したら見ようと思う。日付が変わって10分も過ぎてしまった!

ベッドに入ったら3秒で眠れそうな程眠くなってきた。今日の私はのび太くんに限りなく近いかもしれません。皆様おやすみなさい。

トップへ戻る