私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

咄嗟の判断は誰がするのか

f:id:ecoplace:20211101235933j:plain


なぜ電車のドアを開けなかったかという件にまだモヤってる

い内容なのでお気持ちが辛い方はスルーするなどご注意ください。🙏


video.mainichi.jp

東京の電車内(京王電鉄)でライターに入れるオイルや包丁を使った犯罪が起きてしまってから3日が過ぎた。少しずつ事件当時の中身が伝えられてる。元々ホームドアは転落者を防ぐ役割で作られてる事は理解してる。でも電車内という密室の中で火や煙が発生しているのに電車は動いていてどの人が犯人かもわからないまま一斉に人が逃げる映像があの夜から頭を離れない。


今回この6分の動画を観て改めて京王電鉄の対応に怒りが浮かぶ。こういう時に人間性が出る事はわかる。ただ肝心の車掌も運転手も一言も車内乗客に向けてアナウンスをしていない。犯人が悪い事は誰が考えても同じ。非常事態が起きた時に走ってる人達の中に犯人がいるかもしれないとかドアを開ける窓を開けるの判断はどうするのか?ホームにも誘導している駅員が1人もいない。電車の外に出なければ煙を吸うか火が襲ってきたかもしれない。やっとの思いで窓からホームに出た人達。全て乗客達だけで行動してる。



記憶に新しい電車内事件は小田急線だった。電車内で何か事件が起きた場合。どの車両で何が起きてるのか。どこへ向かって逃げれば良いのか?乗客に知らせるべき。車掌さんは運転手とやり取りをしていたのだろうが緊急事態には車内に来るとか通過予定だった駅にも連絡を入れてホームにヘルプを呼ぶべきだったと思う。


車掌さんはドア開閉の為だけに居るわけじゃないはず。非常ボタンを押せば車掌さんと通話が出来る程度の知識くらいしか乗客は持ち合わせていない。先だっての小田急線で事件が起きた時に自分なりに電車に乗る都度にその車両のどこに非常ボタンがあるのかなどを確認するようになった。


今回は「なぜ?」が多くて消化不良のまま残る事件となってる。動く電車内で人が走るという行為を全員が出来るだろうか?車椅子の方もいれば体が不自由で走れない方もいるはず。視力を失っている方々はどうするのか?執こく書きますが非常ボタンが押されたにも関わらず結果的に車掌さんも運転手さんも無言のままで乗客に非常時の行動判断を委ねた事がどうしても納得がいかないし許せない。


多くの方々が電車の窓から順番に脱出してる。ご高齢の方は映像には映っていなかった。もし足腰が不自由な高齢者の方なら座席から窓を越えてホームドアをさらに超えるという行動が出来るだろうか?死を想定して家族に「今までありがとう」と咄嗟にスマホに声を残したと話す若い方のインタビューを見てぎゅーっと心が苦しくなった。地上へ何とか上がった乗客被害者達は駅員から「何もわかりません」と言われたと聞いて益々怒りが込み上げた。あの場にいた若い女の子がガタガタ震えていたと聞いて言葉を失った。


運転手も車掌さんも電車についてはプロです。動く電車をなぜすぐに緊急停止出来なかったか。ホームドアの箇所から微妙にズレた場所に停止した事は鉄道仕様なのか技術的なミスだったなのか?なぜドアを開けなかったか。なぜ開けられなかったか。説明内容に後出しジャンケン話だけは聞きたくない。


理由も事情も含めてプロフェッショナルな方々です。結果を報道番組に委ねるのはなぜなのか。電車を利用するだけの乗客の立場では細かい事情はわからない。今後こんな事が起きた時。どう身を守れば良いのか。逃げろと声をあげている人が居る場合もどの方を信じるのか?その場の自分の判断だけが頼りで良いのか。自身の近くに車椅子の方や視力の無い方がいた場合はどう誘導すれば良いのか。


「1分遅れで到着します」「白線まで下がってお待ち下さい」等こんな子供に言うような丁寧な日本独特のアナウンスも素晴らしいとは思う。ただ絶句した事は「ドアを開けるとホームに居る人達にも危害が加わる可能性がある事を懸念してドアを開けなかった」といった京王電鉄の発言の中身はつまり犯人も乗客も車内に閉じ込めるという意味だったのか。煙を吸っていたらどうだったのか。怪我を負ってしまった方々については?


警察や消防が犯人逮捕の為に到着して何らかのやり取りあっての行動なのだとしても納得はいかない。あの場にいた乗客の方々はもっともっと恐怖心と怒りを持っていらっしゃる事だと思います。


「被害を最小に抑えるという趣旨。」この発言は電鉄側の身勝手な判断。人命優先で車内が危険な状態にある時にはまず救命でしょ?小田急線の事件があってからメトロでは万が一に備えての訓練をしていたけれど犯人を捕まえる訓練より乗客をどう守るか。誘導は誰がするのか日々のシフトに組み込むべきではないだろうか。夜間は特に人員が減るだろうからなおのこと。ホームで大変な事が起きていても地上の駅員はオドオドしてる映像を見て不安しか頭に浮かばなくなった。


犯人に対して思う事は皆同じのはず。とにかく京王電鉄の対応は酷すぎる。生活やお仕事でこの沿線を使う人は今後PTSD症状が出てくる人が増えるかもしれない。PTSDの辛さは経験した人でなければわからない。恐怖体験や記憶は精神だけでなく体調にも影響が出る。どうか周囲の人達とご家族のフォローもしてもらえるように手配を。


一人暮らしの人もいるはず。辛い場合は勿論。今は辛くなくてもどうか誰かに話すという行為と時間を作ってほしいと私個人的にですが思います。違う路線を使う私ですが電車に乗る事が怖いという気持ちがありまだ心から上手く切り離せていないみたいです。

今日は用事はありませんでしたが家でモヤモヤする時間を減らす為に外を歩きました。明日からまた元気に"行ってきます"と声を出して玄関を出ようと思います。

トップへ戻る