私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

日々バグだらけ

f:id:ecoplace:20211024201654j:plain

自分の寝言で目覚めて今朝は心と頭がバグる時間になった


賃貸で暮らしていてよく考える事の中に「生活音」がある。退去の時には「生活で出来た汚れ」は請求されないとかね。「生活」の基準は皆違うはずだけどどこかでラインを作られていてそれで判断する他無いのよね。

「生活音」の基準は本当に難しいと感じる1つ。例えば働いている時間帯が昼なのか夜なのか?夜にお仕事をしている人は昼間に上階の人やお隣から大きな音がしたら「眠れない!」となる。昼間に働いている人は夜中に大きな音が聞こえたら「は?」となって眠れないとかね。


私が今暮らしている賃貸の家の隣の方が忍者のように?静か。忍者にもお隣さんにも会った事は無いけどベランダへ出る理由が多いらしくベランダの扉を閉める音だけは大きい。「どしたどした?何か怒ってるのか?」と最初の頃は思った程。それも慣れて今では「お〜〜生きてるみたいで良かった!」となった。


そして真下の方。会った事は無い。今年6月に私が舌の手術をして退院してから殆どを部屋内で過ごしていたせいでどんな生活スタイルなのかがわかってしまった。昼間は静か。お仕事が昼間なのだろね。21時過ぎから「音」は始まる。その音が不思議な音。例えるとビー玉を高い場所から落としてビー玉が1バウンドした後コンコンコンコンコンコロロ〜ン・・・。と部屋を転がる音が繰り返し繰り返し響いてくる。


もしかすると猫ちゃんがいるのかな?だとしたらビー玉はあかん!ゴム製のボールか??だとしてもどうか間違えて飲み込んだりしませんように。もしくは上の階の人がテーブルから物を落としやすいとか?だとしたら落ちる物が包丁でありませんように。と祈るのみ。犬ちゃんか猫ちゃんだったらお留守番の時もあるだろう。どうかご無事でお留守番がんばれー!と願う。おせっかいなおばちゃん精神がどうも消えない。


同じフロアの人で廊下に朝出すつもりで置いたであろうゴミが帰ってきてもまだ廊下にある事が何度かあった。その度にそのゴミを私が捨てに降りる。「捨てたからね」と置き手紙をするのも気持ち悪かろうと思い何もしていない。わざわざぴんぽ〜んと言いに行くのはウルサイおばちゃんと思われるのも辛い。変質者かストーカーが勝手にゴミを持って行ったか?と思って気味悪がってもう置かないだろうを結構期待してるが気味悪くないみたい。未だに帰宅しても共有廊下にゴミが置きっぱなしにしてある。見た事も無い人。頑張れゴミ出し!!


POINT

明日からまた月曜。10月最後の週である。1日も毎時間も速い。遅いのは私の脳内処理回転だけ。楽しい事が1あれば残りの99辛くても花丸。他者には頑張れと思うのに。ココぞという時でも無理して頑張らない自分を褒める。おめでたいヒトだと笑われても気にしちゃいられない。ちょっとバグってるだけだから。どの方も良き週となりますように。'×'

トップへ戻る