私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

「さようなら」を言われても言われなくても寂しい

f:id:ecoplace:20211010194621j:plain

毎日

「Twitter」と「はてなブログ」この2つのツールが私を今へ導いてくれた。私がこの2つとの関わりをストップすると今日までの感動や感激や感謝の気持ちがなくなるのか?絶対そうじゃない。断言出来る。

私は「はてなブログ」で毎日ではなくても文章を書いて心の中を曝け出せる。私は日常をここで出せる。「え?!」っとなるのはある日突然読ませて頂いていたブログ主さんが消える事。何だか切ない気持ちでいっぱいになる。なぜ突然ブログから遠ざかる人達が減らないのか?「リアルと非現実」みたいな感覚で過ごしていると自分が2つあるみたいでしんどくなるのではないか?ふと今日そう思った。

私は日常生活の中で恥ずかしいと思う事や格好悪いという事が沢山ある。逆に嬉しいと思う事や楽しいと思う事もある。悪気がなくても場違いな言葉を使ってしまい読んで頂いた方を不愉快にさせてしまう事もあるのだと思う。そうならないように気をつけるようにしてはいるけれどコレが私の「リアル」なのです。でも私はこうだから何も変わらないよという押し付けの意味ではなく伝わってほしい。


ブログを書かなくなった人が更新しない限り私自身もその方々のブログを開く事はなくなってしまった。つまり私がブログ更新をやめると今まで読んで下さった方々も私のブログを2回読むという事は無いという事。なぜ過ぎ去った私の昨日の事をここに保管していたのだった?なぜそうしてきたのだろう?買った本を何度も開いて読み返す事はあっても古いブログを何度も開く事は正直無い。


もしも私が明日ブログを書き終えると今日の事は削除される機能があったらどうだろう?いつ開いても1つのブログに1つの文章しか無い。だとするとちょっと面白い気もする。今日思い考えた事やその日の出来事を書くと24時間後にはそれが消えてしまうとしたら?24時間後には消えているので偶然初めてブログ開いて下さった方はポツンと1つの文章があるだけなので何の事かさっぱり?となるかもしれない。


面白いブログは何がなんでも観たいとか読みたいとなるので24時間以内に必死で読まなくては消えてしまう!!って面白い。🙃
24時間で消えてしまう設定と何年でも保管しておける設定があったら面白い。🙃


大昔はタブレットもパソコンもスマホもなく。私はたまたま今の時代に生きてるだけで。私が小学生くらいの頃に考えていた事を遠く離れた場所で暮らす見ず知らずの人に伝える事は物理的にも技術的にも不可能だった。今この自由で情報過多の環境が幸せなのか生き辛いのか。本音を言えば私はどちらもある。

ペーパーレスで手続きが出来る事も増えエコで便利になったけどコミュニケーション下手な人は大勢いる。就職をして1番嫌だったり苦手な仕事は?と学生に聞くと”かかってきた電話に出る事”だという世代が増えたのは自然の流れだと思う。

私は?と言うと体調を崩して欠勤したい時に電話連絡でなければダメだと上司に言われてしっくりこなかった事があった。体調が悪いのだからメールかLINEにしようよ・・・・そう思った事がある。(体調管理は社会人としての努めと言う人は多い。成せばなるとか根性論ぶつけてくる人も多い。根性で何とかなる事もあればならない事もあるわけで。)


ブログとTwitterで誰かはわからなくても独り言を呟きそこで繋がった人達と文字だけの会話が始まる。私が読ませて頂いているブログの主さんが「やーめた」となり「はてなブログ」を閉じればそれっきりになる事がある。指だけで「さようなら」が成立してしまう世界が時々寂しい気持ちになる。こういう寂しい気持ちになるくらいなら私もTwitterやブログをやめる?色々考える自分の思考が面倒くさい。


thanks

有意義な2日間の休日を過ごせました。また明日からお仕事に勤しみます。元気よく"行ってきます!"と玄関を出ようと思います。時間の使い方が下手な事も含めてこれがリアルな私。色々自分が面倒くさいと感じる事も私。きっと「さようなら」や「ありがとう」を言わずに私は去ったりしないです。こんな私ですがこれからもどうぞ宜しくお願いします!どのお方も良き1週間をお過ごしください!ecoplaceより'×'

トップへ戻る