私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

5歳の記念

f:id:ecoplace:20211002061817p:plain

5歳

Twitterのアカウントを開いたらこんな可愛いカードが来ました。"ecoplace0"が5歳になったという記念なので有難く記念に残そうと思います。私がTwitterを始めたのは2009年からでした。その"Part1アカウント"は今も別で生きてます。開くと知り合いばかりなので私が呟く事は引き続きしばらく無いと思います。私が手ぶらの状態で"ecoplace"と名乗ってからの5年間は多くの方々から純粋な温かさと愛に包まれたように感じます。これが本当に嬉しくて有難いことなのです。自暴自棄になっていたり心にも言葉にも余裕が見られず読み返すのも恥ずかしい。そんなやさぐれた私を見守って頂いた方々のおかげで心の方向性のようなものが定まってきたようにも感じています。


「リアルとネット」この言葉を聞くと寂しい気持ちになる時があります。なぜならブログを書いても私は本名を書くわけでも住所を書くわけでもありません。書いている内容は全て事実なのに。ネットというツールと文字を借りて文章にしているのであって。これも私にとっては「リアル」なのです。2009年に作ったTwitterアカウントでは私の本名も住所も顔も声も性格も知っている人達との関わりでした。私の2009年以前からの歴史を知っている人達が大半です。ただ中には「私」の「知り合い」に興味があって近づいてきた人達が多くいます。「人」と「人」が繋がるツールに私のような者でも役立てたならそれで構いません。


「右だー!」と言えばみんなが右向く。「左だー!」言えば一斉に左向く。「いや真ん中向くでしょ?」とちょっとだけ有名人な人が言うと「そうですよね!我らもそう思っていました!真ん中ですよね!」と「そうだそうだ精神」の方々というのはいつの時代にも居る。そうする事で生きやすいのであればそれも1つ。ただ私は要領が悪くそれが出来ない。私は自分が納得する方向を自分で決めたい頑固者だから。追い出された社会に恨みを込めて旬の題材に乗っかりツラツラ。ネットを使ってお金儲けしてる人が善人顔でネット叩き。まだ無名だった頃から私含め知り合い達が応援してきたその人に対して「もしもし?あなたどこへ向かっているの?」昨夜その方がお説教されている事を聞いた。私にはどうでもいい事。黙って私はその声から遠ざかりたくなって画面を閉じた。


多分私はイワシにはなれない。鴨ちゃん達にもなれない。ムクドリに産まれなくて良かったと心から思う。でもね人間ルールは守れるのよね。電車を降りてホームで上がる下がるの文字の指示通り歩く。静かにする場所では静かにする。横断歩道も法律を守る。一般的なマナーも守る。あちこちで頭を打ち転んでも何度でも立ち上がっては"人"として今も何とか生きてる。これだけでもよく頑張ってるよ私!と褒めてあげよう。


THANKS

幸運な人生。私がこの先どんな人生になろうと"ecoplace"さんを応援してくれた人達は間違いなく実在した事が私の財産。心の底から言いたい。本当にありがとうございます。

トップへ戻る