私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

迷子の連続

f:id:ecoplace:20210926185153j:plain

無国籍通り

西出身の私には想定外に都内に「坂」が多かったり少なかったりします。元京都人だったせいか「通り」の名前で移動したがる癖がいまだに抜けません。(何年か前から京都では通りでは無く町名で言うらしいので元古代旧京都人の私はチンプンカンプンです。)
で。見つけてしまったのです。「無国籍通り」という名前の通り。タクシーに乗って「無国籍通りへ向かって下さい」と言ってみたいものです。京都で暮らしていた頃より東京で暮らしたこの10年。無国籍感は常に感じています。それを通りの名前にしたのでしょうか?それは古くからあったのか?調べるのがいつもどおり面倒なので調べていません。でも興味深い通りの名前です。


京で暮らしてから東京観光という名の迷子が何度かありました。便利な事にプライドだけがエベレスト級のちっちゃな私は京都弁を話せるので迷子になったらスイッチオンで観光客に成りすまします。(スマホで調べてよ・・・)と心で思っていらっしゃった方も多かったかもしれませんが便利な事におばさんなので(あぁ、お気の毒にスマホ使えないのかな。)と思ってもらえるようにこの10年で使い分けられたと都合良く解釈しています。私は性格上なのでしょうがどこかへ行く前のリサーチを怠りません。と言っても交通機関の乗り換えのみですが。駅で立ち止まって調べていると人の大波に轢かれそうになるので前もって乗り換えだけは調べてから行きます。



は仕事でもプライベートでも到着予定時刻より1時間前を目指して着いてしまいます。自信がないのだと思います。「もし?電車の前に麒麟が立って遅れたら?」「もし間違えて違う電車に乗ってしまったら?」「もし不本意ながら電車内で倒れて病院に運ばれてしまったら?」私の日常生活には「もし」と「もしも」が多くあり過ぎて自分勝手に疲れています。遅れるより早く到着して友達には「さっき来た」と言うのですが何気にバレている時があります。仕事ではそういうわけにはいかない事があるので到着しなくてはいけないビルの前で時間を潰す行動は私の人生では「絶対」です。日本では他社へ行く際の時刻マナーがありますよね。あれに慣れるのに時間がかかり過ぎた事がありました。ならばと1時間前に到着して先方には見えない場所だけど私からは見える。そんな場所を探して約束の時間が来るのをひたすら待つ。これで楽になりました。



ょっとした探偵かストーカー的な行動にも見えなくありません😂で。今。気を取り直して思い出しましたが「無国籍通り」の話。多国籍ではなく無国籍。この通りの名前の意味を考えるにはあまりに深いです。人種差別を受けた経験者としてはここで単純に答えが書けません。無国籍料理と多国籍料理に答えが出ない事に近いかも。何とか宣言がなくなりお出かけしても良いよ〜となったら行ってみたいと思います'×'


excuse

六本木で縁起の良い神社を見つけました。住所がスリーセブン。7−7−7それだけです。


突然の無断転載ごめんなさいなのですが↓この方のブログに登場する"ざべす様"とその他ご一族を目撃してから心は勝手に"ざべす王国”教信者です。今日も癒されました。感謝。

poolame.hatenablog.com

トップへ戻る