私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

文才は人を現わす

f:id:ecoplace:20210913020538j:plain

今日気づいた事

で生活をしていた頃自分が移動しながら居る所を「居所」と呼んでいた。今の場所に住める事になってからは「居場所」と言うようになった。犬くんと再び一緒に暮らせるようになった頃から「お家」と呼ぶようになった。犬くんが天国へお引越ししてからはいつからなのかここを「我が家」と呼ぶようになってた。多分こんな事はどうでも良い事。でも気づいたんだよね。今日。

く馬鹿げていて私の見えない所では笑われるかもしれない。私は今でも玄関を入るとI'm backとお部屋の中へ向かって言ってしまう。自分を「私」と言える回数は間違いなく増えてる。「ママ」と自分の事を呼ぶ時間はわずかになってる。もう「私」なんだね。人間だから犬くんを産んだわけでは無いよね。本当の「ママ」では無いよね。なのに15年間も「ママ」と名乗らせてもらえた。本当のママと天国で遊んだり眠ったり甘えたりしている事を毎日願ってる。


して。今日気づいた事の中に自分でハッと驚いた言葉があった。それはね今の私に「おんも」という単語の出番がなくなっていた事。なぜこの事に気づいたのかは理由があります。今日。凄く凄く素敵な方のブログにご縁あって辿り着いたのです。どこからどんな理由でその方のブログへ入り込んだのか?わからないまま時間を忘れて外が暗くなるまで夢中になって読み続けていました。後になって考えるとその方をフォローされている方が私をもフォローして頂いている方だったのです。ツイッターで呟いておられたので安心な入り口だったのです。今日この偶然と奇跡がおきた事を心から感謝しました。


年も前からブログを書いておられる方でひとまず今年に入ってからの分を全部読ませて頂きました。時間を忘れてしまう程引き込まれる文章を書く方。私では絶対に口にしない素敵な言葉が美しく綺麗に。そして楽しそうに並んでいました。創りものでは無い世界観。やはり文章の持つ力は凄いと感じた時間。文章に並ぶ言葉はその人を現してる。私の過去のブログを最近いくつか読み返す機会があった。実はもう何度か穴があったら入りたい想いで読んだ。間違いなく全部私が書いたはず。今のこの文章も何年かして読む日があれば驚く程恥ずかしい文章なのかもしれない。だとしたら未来の自分にお伝えしておこう。"delate keyに指を近くして読みなね"と。

excuse

地球は広いけど偶然の世界は狭い。私が今日偶然読み始めたブログの主さんは私の古い知り合いとツイッターで繋がっている事を知った。知り合いかもしれないし見ず知らずの人なのかもしれない。瞬間その方の周囲の方達が私に対してどんな事をしたのかを大声で叫びたい気持ちが顔を出しそうだったけど私の心は案外広いみたい。何より私は過去に生きないと決めたから。素敵な文章と美しく並ぶ言葉を時間を忘れてこれからも読み続ける事が出来る事を選びます。だから今日私は幸せ。

トップへ戻る