私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

犯人男性

f:id:ecoplace:20210910032435j:plain

凄すぎる

ミの声が聴こえなくなった?と思ったのも束の間。最近は夜になると名前はわかりませんが虫の大合唱が聴こえます。そして虫の声とは全然関係ありませんが驚くニュースを見て書き残さずにはいられないと思い書くのです。

ンション1Fで窓の施錠をせずに寝ていた下着姿の女性を見て男性が家へ忍び込んだそうです。1F居住女性はその犯人男性の胸ぐらを掴んで「出ていかないと警察呼ぶぞ」脅したそうです。脅した?いやこれは脅したと言うの?仲良くなったら性的関係を持てると思った犯人男性。胸ぐらを捕まれ怖くなりその後すぐ逃げたそうです。結果オーライだとしても怖い思いをしたと思います。勿論居住女性がです。


身女性が1Fで暮らすだけでもこんな怖いリスクはあると思うのです。マンションの1Fは家賃が安いという現実どうにかならないのかな。あとは自然災害で一軒家の方の1Fが浸水しましたというニュースを見るたびに他人でも悲しい気持ちになります。命が助かれば良しという大前提ですが私なら大事な物を1Fに置けなくなるトラウマになるかも。大抵一軒家には入り口も出口もいくつもあるから泥棒が入って来るかもしれない。一軒家とか1Fとか関係なく施錠は基本中の基本なのでどうかどうか忘れないでと祈るしか無い。


キュリティーが万全でも過去には私の家に強盗が自宅ベランダにきてガラスを壊そうとした姿を見た恐怖体験は今でも忘れません。2F以上の部屋で暮らしていてもベランダの施錠をせず寝るというのはまず私には考えられません。窓も玄関もベランダも何度も何度もチェックします。それでも足りずもう1度チェックしてから寝ます。外の寝泊まり生活で熟睡が出来なかった生活に比べれば家という安全な場所があれば基本的に問題は無いですが。それでも自分の身を守る為に施錠チェックは多めでも良いのです。

POINT

涼しい季節になっても窓は閉めてお休み下さい。どうか施錠確認は面倒でも身を守ってくださいね

トップへ戻る