私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

限定公開にした理由

f:id:ecoplace:20210903152642j:plain

ブログを限定公開にした理由

んな事を書くかどうか迷いましたが書きます。私のブログが限定公開だと気づいた方からお礼を言って頂き。「はっ!」となりました。「限定公開」にする事で自分は読めるのか?と思って頂かないといけなくなるのだと気づきました。本当にごめんなさい。事情を上手く書けるか自信はありませんが書いてみます。まず以前から中傷する言葉を送ってくる人達はゼロではありませんでした。でも幸い気にしなくなりました。しばらくの期間私はツイッターやブログから遠ざかっていたので中傷からも遠い場所に身を置けたと思っていました。でも今回はちょっと違っていました。ある方からのメッセージ内容を「怖い」と感じたのです。その結果ブログを「限定公開」にしました。


互フォローしていた方からDMを頂きました。今年7月でした。「色々と大変でしょうけど頑張ってください。」とお優しい言葉を頂きました。私は「優しいお言葉を頂いてありがとうございます。頑張ります!」とお返事をしました。今年6月に舌の手術をした後7月はほぼジッとする期間。8月は舌以外は元気でリハビリ以外は時間の余裕がたっぷりありました。そこでほったらかしになっていたブログを更新する日が増えました。そしてツイッターにダイレクトメッセージが入るようになりました。以前お優しいお言葉頂いたあの方からです。

「何歳?」「血液型は?」「いつもどんな服着てる?」「髪型はどんな感じ?」「日本人?」「どこの美容院へ行ってる?」「バッグはどんなのを使ってる?」「スキンケアとメイクは何を使ってる?」「占い信じる?」「都内のどこで暮らしてる?」「暇でしょ?ランチ行かない?」「LINE交換して?」「インスタ見せて?」

質問は続きました。次第に「会いたい」「会おう」というワードが増えてきて無視し続ける事がどんどん苦しくなりました。


気で怖くなったのはこの後でした。「何で何も答えないの?」「英語教えて」「外人男を紹介して」「私と会えない?」「本当は男?」「家はどこ?」と質問は止まりませんでした。私から返信は1度も出来ませんでした。というよりもしませんでした。フォローしている方やフォロワーの方々が被っている事もあって波風たてたくないという事が1番の理由ですぐにはブロックしませんでした。ただしその方のツイッターはミュートにして乗り切っていました。でも結果的にブロックしました。理由はブログにその方からのメッセージが送られてきたからです。「何でツイッターブロック?」「何様のつもり?」「障害者のくせに」「私にこれ以上嫌がらせするならecoplaceさんの居場所を探してDV元夫さんに言わせてもらう」というメッセージでした。この文章で恐ろしくなりました。私の体が拒否反応を起こしてしまいました。

がらせをした記憶はありません。でも質問に一切答えず無視した事と説明なくブロックをしたという事を嫌がらせだと受け取られたかもしれません。実はその方がブログをいくつか持っておられる事を知りませんでした。違うブログIDからメッセージが入っていて知りました。私の心が追いつかないまま2個めのIDも拒否に入れました。

いのは私のブログを読んで頂く方を選んでいるかのようなこの設定方法です。限定公開設定をした事が拒否設定した人以外にも見える事を全く理解していませんでした。ツイッターとはてなブログへ報告はしています。もしかして元夫の知り合いなの?と不安になりました。落ち着いて考えてみるとまず無いと思います。寛大でありたいという気持ちはあるのですが正直言うと動揺しています。出来ればワーワーと大騒ぎにしたくはありません。もしかするとあの方は私生活で何かお辛い事があるのかもしれません。純粋に私と友達になろうと思っただけなのかもしれません。無視し続ける事が良いか悪いか?先日東京の地下鉄エスカレーターで恨みを持った人の顔に硫酸をかけた事件が頭をよぎって仕方がありませんでした。ネガティブループのオンパレードになるので1日の終わりにシュレッダースイッチオン!で眠るようにしています。


後に「限定公開」にするとスマホアプリからはどう見えるのか?パソコンから見たらどうなるのか?そこまで考えていませんでした。ご心配をおかけして本当にごめんなさい。正直ブログで誰と誰がどうとかこうとかには興味ありません。純粋に誰かの書く文章を読んで楽しいとか面白いとかが私は1番です。だから誰も巻き込みたくありません。怖い事には巻き込まれたくはありません。今はこんな設定する事しか思いつかなくて本当にごめんなさい。

トップへ戻る