私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

楽しく笑ったもの勝ち

f:id:ecoplace:20210730135554j:plain

家の中でも笑ったもの勝ち


れまで私はゲームをした事がなくてこれからも一生無縁だと思っていました。ここへきて1人の時間がたっぷりあり過ぎてとうとうゲーム中継してる人のYouTubeを観て大笑いしました。何年か前に始まったゲームのようです。同じものを観てもゲームをする人が違うとこんなに受け取りかたも進め方も違うのだと知って初めての感覚で感激。


が1番最近に見たのがDetroit: Become Human (デトロイトビカムヒューマン)というアンドロイドと人間のヒューマンゲーム?です。
中継をしている方のそれぞれの人柄が出ていて私は見ながら思わず声に出して笑ってしまいました。1番最初に見た時はアメリカ在住のアメリカ人の方でした。ゲーム名で検索してみたら日本でも中継をやっている人が多かったので観てみました。ゲームの舞台はアメリカ。ある日本人の方の中継を見て感動したのは街ですれ違う人間がゴミ拾いをしているアンドロイドの前でわざと缶を落として行くシーン。ゲームをしている日本人の方が「え!?何今の!何てひどいんだっ!」と怒っていらっしゃいました。「そう日本人は街でゴミをポイ捨てしないからね」とブツブツ。🙃道で座っているホームレスアンドロイドさんの前で「何か助けられたらなあ」と。
全て同じゲームシーンで私が見たアメリカ人ゲーマーさんたちは何も感じなかったみたいでした。ホームレスさんを観て「邪魔」と言った人もいたり。「未来でもホームレスがいるのか」と言ってる人がいたり。私にもアメリカ人の友人が何人かいるけれど皆がそういう人ばかりじゃないよ?とゲーマーの方に言いたかったなぁ🙃それからも国を超えて何人かを見てみたけれどそれぞれの人柄が見えるゲーム。


見たのは子供(女の子)とお父さんが暮らす家にアンドロイド(女性)が買われて一緒に暮らし始める場面。そこではお父さんが子供の前でドラッグをしていたり昼間からお酒を飲んでる。さらにはDVお父さんで最悪😭どうやったらこんなに散らかった?みたいな家で暮らしていました。それを見てアメリカ在住のゲーマーさんが「あぁ〜これはよくある事だよな」的な事を仰っていて。日本人のゲーマーさんは何度も絶句してゲームが止まり「これじゃあ子供が可哀想だ!!」など次々に感想が口からダダ漏れで。
日本人ゲーマーさんは家の仕組みを見て「え!アメリカの家のお風呂は2階なの?」から始まった🙃日本でも2階にバスルームがある家庭もあるけど大多数は1階だからかな。アメリカ人のゲーマーさんは「他人なら大抵ベース(地下のお部屋)に住まわせるだろ!」とポツリ。そして違うアンドロイドが働く家庭の場面になると日本人ゲーマーさんは「え!美術館に暮らしてるのかな?」から始まる。設定として体の不自由な裕福なおじいさん」の家です。階段を車椅子で降りるシーンで「うわー!日本でもいずれこうなるのかな」とかなり感動されていて。🙃確かにゲームの中とは言え家の中にキリンの剥製のようなものが置いてあったりして映画を観ているようで目が錯覚をおこすから面白い。アメリカ人ゲーマーさんの一人は裕福なおじいさんの家の中に入ってからずっと「きっと問題の多い家庭に違いない」と言っていました。


索すると数年前からこのゲームの中継をした動画がいくつも出てくる。決して楽しいゲームでは無いけれどゲームにしては映像の動きが綺麗な事と映画みたいで人間ウオッチングには楽しいかも。日常の中でロボットさんが働いていたりするからあのゲームを見ていつか日本もこんな風になるのかな。なんて考えさせられました。私の知人で人間工学を研究しながら沢山の人型ロボットを作っている方がいます。ゲームは切ないストーリーなのでどうかその方にはこのゲームを見ないでほしいと思わずひっそり願ったよね。🙃そもそもゲームと無縁だった私はトランプですら最後にいつ触ったのか記憶が無い。
初めて見たゲームがDetroit: Become Human でますますゲームは遠いものだという健忘録でした。

point

家の中でも楽しい事があればとにかくやってみる。明日はまた違う事を考えれば良いのだから。笑ったもの勝ち。

トップへ戻る