私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

我が侭にいきる事は素敵

f:id:ecoplace:20210729201958p:plain

京都のこと。


www3.nhk.or.jp

年秋でスティーブ・ジョブスが亡くなって10年。ちょっと驚いた。まだ数年みたいな気がしてたから。私は10年間何をしていたのだろう?スティーブ・ジョブスが2010年に京都へ行った時のエピソードが記事には書かれてあったけれど何て「わがまま」な人で素敵なのだろう!と思った。なぜなら私にとって我が侭になる事は決して簡単じゃないから。わがままに自分勝手で生きるとすれば多少なりに周囲の人の事を考えていない事や時も当然出てくるだろう。多分迷惑がられたエピソードもあるのだろう。それでも我が侭に最期まで精一杯自分の人生を生きた人にちょっと憧れる。色々な場所でスティーブのエピソードはあるよね。この京都での記事は少々盛られた内容が気になりましたがスティーブはなぜもっと他の人間関係を利用しなかったのか。その拘りが面白いと私は思えた。スティーブ本人が京都は「こうだ」という固定概念を持ってそこから少しずつ自分の好みを選んでいたのだろう。それもまた我が侭で素敵で幸せな人生だと思う。


都にあるお蕎麦屋さんは「晦庵 河道屋」でなければダメだと言ったスティーブに私も対抗してみようと思う。京都出身の私が愛してやまない麺と言えば御所の中にある「ざるうどん」。暮らしていた時の夏は必ず行き食べていました。私が1番最後にそこで食したのは2018年8月暑い夏です。その時にそのお店周りを工事をしていたのを思い出して気になって検索したら凄いHPが出来ていて驚いた!しかも金額が釣り上がってた😭
一応URLを張り出しておきます。気になった方はコロナ禍が去ってからでも是非行ってみてください。
nakadachiuri.jp



が長年愛した「ざるうどん」は2人で行っても1000円でお釣りをもらっていたものです。この3年でそんなに値上げする?💦きっと近隣の人も驚いてるだろうな。下記は3年前(2018年)の夏の写真です。高級とかお洒落とは無縁のお店のざるうどんです。でも学生の頃からこれが1番好きだった。少し遅い時間に行くと売り切れて食べれなかった時もありました。私の中には沢山の思い出があるからかもしれない。
f:id:ecoplace:20210729201818p:plain


本当かは定かではありませんがスティーブ・ジョブスが好きだったと書いてある「晦庵 河道屋」(みそかあん かわみちや)さんは確かに美味しいお蕎麦屋さんです。お値段も高くなくて好きでした。またいつか思い出のある「にしん蕎麦」を食べたいな。少々気になったけれどそば巻きの由来をスティーブ・ジョブスは知っていて好きだったのかな。


ップの木の写真。あれも3年前の2018年8月の御所。大事な家族(チワワくん)を天国へ送った翌日に撮った写真です。あの日ざるうどんは申し訳なかったけれど完食出来ませんでした。想い出道を歩きたかっただけでした。汗が出ないとても暑い日でした。また今度京都へ行けたら今度こそ御所で「ざるうどん」を頂こうと思います。

実はこの記事を読んで知ったのですが2018年に京都にAppleが出来たのですね。知らなかった。京都には老舗と呼ばれるお店が沢山あるけれど私の中にも想い出の詰まった老舗がいっぱいあります。残念ながらお取り寄せとか出来ないようなお店ばかりです。私がこうして3年前の京都の写真を観て文章が書けるようになるまで何十年も過ぎたようなつい一昨日のような。不思議な感覚です。色々な事や人の全てに感謝の気持ちでいっぱい。私はスティーブ・ジョブスと比べる人生では無いけれど残された時間を精一杯我が侭に生きてみたいと思います。


私の大切な想い出話にお付き合い頂きありがとうございました。皆様くれぐれも体調に気をつけてお過ごし下さい。


“All good things.”
“All good things must come to an end.”

トップへ戻る