私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

あなたは誰の迷惑にもなっていません

f:id:ecoplace:20210123010827j:plain


www3.nhk.or.jp

この現実を知ってもまだ他人事だと思いますか?



のニュースを知って私の涙が流れて流れて、目をこすりすぎて目元に傷が出来てしまいました。それでもまだ泣きやむ事が出来ずにこれを書いています。子供さんにうつしたかもしれないとも書かれてあったそうです。1人でどんどん自分を追い込んでしまったのだと思うと本当に辛い気持ちです。この辛い気持ちが痛いほど理解出来ます。

私は「コロナの疑い」という理由で1ヶ月以上も仕事を休む事になった一人です。体調が悪くなって微熱が続き咳が続き、病院で肺に影があると言われてからの3週間を自宅でひとりほぼ寝たきりで過ごしました。職場から提出するように言われた為に、病院に頼み込んで「PCR検査結果陰性」という診断書をもらってからも偽陰性という判断で更に会社から言われ2週間の強制欠勤。出勤してからは職場の人の心ない意地悪や陰湿な態度の中に飛び込みました。必死で見ないように聞かないように耐えたり無視し続けて何とか今も働いています。自殺してしまったこの女性の優しさが裏目に出てしまった事が心から悲しくて悔しくて涙が止まりません。お会いした事の無い方ですが自分のせいで他の方が感染者となったのではないか。この気持ちが痛い程理解出来ます。



自身、今でも職場でコロナウイルスの陽性者の人が出る度に心ない言葉や陰口が耳に入ってきたり分かりやすい意地悪な態度を取り続けられています。
本音を言えば退職するか逃げ出すかしてそんな劣悪な環境から自分を解放してあげたいと思う事が何度もありました。それでも私は意地悪な心ない人達の為に働いている訳では無いという強い自分の気持ちと付き合う事を選びました。全てを前向きに捉えるよう必死で気持ちを仕向けています。決して私は強い精神力があるわけでも鉄人のようにたくましい人間なわけでもありません。


年は何度も体調を悪くしてしまい、熱と咳で苦しみPCR検査を昨年だけで2度も受けました。検査結果を待っている日と1分を長く長く感じました。体調が悪い時に自宅の中で1人で寝ているとシーンとした空気がそれまでにない孤独な時間に感じました。

それぞれ違う病院で、違う医師から「結果は陰性だけれど偽陰性の可能性大」と言われとても不安でした。陰性だと言われているのに熱が下がらない状態が不安でした。食べれなくてどんどん痩せていく自分が情けなく感じる時間もありましたが、それでも心の中で何があっても生きると決めていました。


れでも欠勤して出勤するたびに職場の人達に「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と言う自分。出勤する毎に1日に何度も何度も会う人会う人に謝る自分。
私の場合、口先だけで言う事が出来ませんでした。


年の春と夏、合計2ヶ月ですが欠勤したあとの出勤時にはレジ担当の人だけが休める狭い部屋に、お詫びのお菓子を箱ごと置いていたのですが私が入って行った時に「食べるの気持ち悪い〜」と言われる出来事がありました。私はその方の目の前でゴミ箱にお菓子を捨てた事がありました。そんな事をしてしまった私も私ですが、それを見ていた人達が陰湿に笑う声が中々忘れる事が出来ませんでした。


もね、そんな人達と私は仲良しでいる必要はありません。同じ家で暮らさなくてはいけない訳でもありません。握手をする必要もありません。目を見る必要もありません。私はそんな風に考える角度に神経を傾けました。どっちにしてもいまだに意地悪をする人達の名前は覚えられません。全員の顔の違いもわからなくなるのですから。業務の事でどうしても関わらないといけない場面があっても最小限にする工夫をしています。お客様から見て、スタッフ同士がギクシャクしていると伝わる事は申し訳ないので「私は女優だから」と心に決めて売り場に出たら笑顔で接しています。私がお客様の立場なら空気の良いスーパーで口に入るものを買いたいですからね。



こ最近気温や季節のことも手伝っていて喘息が出ています。体調が悪いと残念ながら心身共に疲弊しすぎてしまいます。帰宅するとすぐに眠ってしまう日々です。それでも辛い事を宿題にして家に持ち帰らない為には寝るが1番だと信じています。神経が昂って眠れない時にはお薬の力を借りてしまう事もありますが、それは自分の心身を守る手段だと考えるようにしています。
そして起きたら全く新しい1日の始まり!と気持ちをリセット出来ているように思います。私の場合は24時間のうち、半分も働くわけではありません。あと何年私の命の期限があるのかわかりません。だからお仕事の無い日と時間と場所では思いきり楽しいことを見つけては笑い転げています。それが私にとって1番の健康維持の為のお薬だと思うからです。



しい事に「自分のせいで〜」と思い自死を選んでしまった人。報道が全てでは無いはずです。私にはわからない事情や理由があったと思います。とにかく悲しい気持ちです。

私の職場の話ばかりで申し訳無いのですが、私が体調を崩して1日休むと、レジの稼働スケジュール全て変更をしてもらう事になります。誰かが30分多く出勤になったり、30分毎にレジを移動する回数が多くなったりします。レジの端から端までの移動だと意外に歩くので、1分遅れると交代の時に嫌味を言う人も中にはいます。だからこそ欠勤をして人に迷惑をかけたくありません。


場では既に陽性者が何人かは出ていて意地悪に耐えられずに退職してしまった人、契約更新をされずに退職させられた人、会社から自己都合退職をさせられてから実は陽性反応だったと知る事になった人、今現在も長期欠勤の人が何人かいます。わざわざスタッフしか見れないノートに「○○さんは体調を悪くしてしばらく欠勤する事になりました。(コロナではありません)この苦境をみんなで乗り越えましょう」と書いてあったりします。「いや・・・・違うでしょ?誰かが体調を悪くして長期で欠勤になった事を今働いてるスタッフが苦境に在るみたいな言い方をする必要ある??」私はこの事を書いた女性の上司に反論してしまいました。これまで以上に意地悪な人からは意地悪をされたり陰口を言われている事をわざわざ教えてくれる人も出てきています。

私が欠勤していた時にも「○○さんは今日も欠勤です。(コロナではありません)○○さんがいなくて多くのスタッフに迷惑をかけて申し訳ありませんが、今いる人達で穴埋めして頑張っていきましょう」と書かれてあるのを出勤してから読む事になりました。それを読んだらどんな気持ちになるのかが私は理解出来たから今休んでいる方が同じような気持ちになってはほしくないと考えました。
私は生意気な事を言えませんがせめてもう少し人の気持ちを思いやる文章を書いてほしい。そうお伝えしました。人の感じ方は皆違うからです。



もね、私はそういう職場の心ない人達を変える力はなくても、自分自身はどう在りたいのか?を考えました。どこの職場へ行ったとしても自分がどう在りたいのか、何が出来るのか?それが大切だと覚悟を決め込んでいます。
強がりはタイムリミットが来ますが覚悟を決めるとタイムオーバーになりにくいです。私1人が欠勤してもスーパーは開店していますしレジも稼働します。お客様から見ればわからないレベルです。
ただ私がどうしたいのか?だけです。一人暮らしで寂しくてスーパーへ毎日来るお客様もいます。日本語が完璧では無いお客様もいます。私が経験した事のある気持ちや不便さを理解出来る人と出会った時に私なりでも小さくても何かでお力添えが出来ると信じています。私はロボットではありません。人を必要としないスーパーは既に都内にもいくつかあります。いずれそんな時代が来ると想像しています。でも私は人間と人間が会話をしてお買い物をしたり、その場の空気を共有出来るその瞬間が好きです。自分がやりたい事をやっているのです。


念ながら亡くなってしまった方の命も暮らしも元には戻りません。周囲の方々に自分が迷惑をかけたと思う方。考え方で違うのでしょうが自分の事だけを考えて無茶をする人で無い事は確かです。自死を選択してしまう人は自分の苦しみを周囲にシェア出来ずに1人だけで苦しんでいるのです。もっと大袈裟に言えば自分の存在が迷惑だと感じてしまうのです。残されたご家族は辛く悲しく悔しくてたまらない事だと思います。
今日、この報道を知った小池都知事の言葉を聞きました。彼女はお休み返上してお仕事をされているという事は存じています。ただ満額退職金を受け取って都民に対しては具体的に何が出来ているでしょうか?満員電車に乗る必要もなくスーパーでお買い物をする必要も無い人である事を棚に上げたとしても、自死を選んだ人への言葉は心ここにあらずな冷たいビジネス的な言葉だと感じました。


もそも「若い人」とは?です。10代20代〜50代までの人への注意喚起をあちこちで見かけますが、私の職場(スーパーマーケット)では高齢者世代の人の悪いマナーには絶句するような事や目に余る事が沢山あります。私の職場は一切マスコミもTV局からの取材も入店も全て会社組織の上層部が断っているのですが、個人的には日々の現実を生中継をしてもらいたいくらいです。TV報道だけ見ていると若い人が高齢者に感染させていると誤解されても仕方のない伝え方です。飲食店以外をなぜ取り上げないのか。飲食店を20:00で閉店させるなら食料品を売ってるスーパーマーケットも同様にするべきではないですか??
スーパーには「惣菜」があります。それを買って20:00以降に食べている人はいっぱいいます。


い子供も一緒に家族総出で買い物している家族には個々の家庭の事情もあるでしょう。それでも飲食店の方々だけが犠牲を受け持つのは理解出来ません。コンビニやスーパーが20:00以降も開店していたら買い食いが出来ます。向かい合って笑い合って食べている所へ行って店員は注意を促す事は出来ません。
高齢者だけが感染して命を落としているわけでは無いはずです。変異ウイルスも発見されています。幼い子供から高齢者までがほぼ利用している場所は飲食店でも満員電車でもありません。家族感染が多いとの事の原因の場所の1つがスーパーマーケットだとは思いませんか?コンビニは24時間開いています。変異ウイルスに感染がわかった10歳未満の子供が夜に飲食店でお酒を飲んでいたとは考えられません。



齢者と呼ばれる世代の方々全員とは言いませんが、SNSを日常的に使っていない人達がどの程度の認識や知識、マナーがあるのかを毎日接していると見えてくる事があります。TVや新聞の報道が全てで生活をしている人達にとっては、「そうなのか。若い人の大半は無症状で夜に外出していて飲食店へ行き、高齢者へ感染させているのか」と思われても仕方が無いと思います。今の朝夕の通勤ラッシュを見ていない高齢者の方々はTV報道が全てとなっても仕方が無いのです。TVの放送は嘘を報道している訳ではありません。都知事さんですら現状を秘書に聞かないとわからないのですから。高齢者世代の大半の方々は寒さに弱く、バスに乗っていても窓が開いていると閉めてしまう方の多さを知って下さい。


の年齢でも感染してしまったら重症化したり命に関わる程の苦しみに繋がるのです。どうか高齢者の方々は自分の命を守るための予防や行動をとってください。若い世代を敵視するのはやめてください。若い世代の人達の事も考えられる余裕を持ってみてください。若いから重症化して良いわけでもありません。東京都で言えば毎日、感染者の年齢の内訳発表がありますが緊急事態宣言に影響が少なく生活されている方が多いのは退職後世代だと感じています。

学生やどうしても外で働かなくてはいけない世代や職種の人達は神経質なレベルで個々の日常を過ごしているはずです。生活を保証されていないから仕事を休むわけにはいかないのです。それでも失業してしまったり家を失ってしまった人達が沢山いるのです。年齢や性別国籍は関係無く感染している事を受け止めてください。



齢の方々は物を大事にされる方も多いはずです。布製マスクを明らかに洗っていないとわかるものを毎日使っている方々が多い現実を見ています。不織布マスク使用されている方の場合も「それ洗わずに何百回使ったのですか?」と思わず顔を背けたくなる程の汚れと色、毛羽立ちの酷いマスクを使用されている方がどれほどいっぱいいらっしゃるのか?都知事さんの目で見て是非カウントしてみてください。相手の声が聴きとれない時にマスクを取って口で音を聴こうとする方々の多さを観てください。顎マスクを当たり前のようにされている方々の多さを観てください。この時期にあってもマスクをしていない方々もいらっしゃいます。これが今のリアルです。
ソーシャルディスタンスを守れない人がどれ程多いのかという現実を見てください。



齢問わず理由や事情があってマスクを出来ない人も中にはいらっしゃいますから、全てを否定する訳ではありません。ただ毎日スーパーへ来る高齢者の方々がどんなマナーなのかという現実を見てもらいたいのです。東京で言えば政治家や芸能人が使うような高級スーパーでは無く、一般の人が日常で日々に使うスーパーをです。秘書任せにせずゾロゾロとSPや関係者を連れた視察ではなく、毎日のリアルを観て頂きたいのです。警備上の問題で出来ないという事であればコロナウイルスで命を落とす可能性のある人や自死を選んでしまう可能性のある人達の命の警備と守秘も大事だと思うのです。命は平等でなければいけません。



うか誤解しないでください。私が何を1番に言いたいのかというとコロナウイルスは世代問わず、感染したら怖いウイルスであるという事を思い出してほしいのです。日本では去年初めにダイヤモンドプリンセス号という船上からコロナウイルスは全国程に知られましたよね?もう何年も前みたいですがあの頃は今程の情報も無く漠然とした恐怖心を誰もが持ったはずです。
その後は1人1人が日常で注意をしたり学校が休みになりデパートが休みになったりもしました。日本中の経済がストップしてしまいました。仕事を失ってしまったり家を失ってしまった人が増えたり。今日に至るまでにどれだけの人の大事な命がコロナウイルスに奪われてしまったでしょうか。

家族や大事な友人の最期に立ち会えなかった人達の気持ちを考えるだけで心が苦しくなります。1年が過ぎた今でも感染してしまった方が悪人扱いされたり、差別が起きたり、自死を選んでしまう人が途絶えていない現実があるなんてあまりにも悲しすぎます。どうかどうか他人事とは思わないでください。自分の事は勿論、大切な人、家族を再度じっくり観てください。苦しむ人は「助けて」とは中々言い出せません。1人で耐えているはずです。でも家族や近くの人であれば、苦しんでいる人の何らかの小さいサインを見逃さないでほしいのです。



治的な事や、経済的な事、オリンピック問題、難しい問題は確かに沢山あるはずです。ただ好んで感染した人は1人もいないはずです。ほぼ症状が無い人が自宅やホテルで療養中に死に至ってしまった方もいらっしゃいます。私は科学者でも医師でもありませんが、どの国のどの世代の人が特定原因で感染するといういうウイルスでは無いと考えています。

私自身は職場で今後も引き続き感染を広めた人だとか陽性者を増やした等、長期欠勤して迷惑をかけた人として陰湿な意地悪は続くだろうと覚悟が出来ています。それでも私は自分に負けません。

意地悪な人達もきっと心の中では不安があるのかもしれませんが、寄り添う気持ちの余裕が私に無い時もあります。まずは自分を大事にする為に自分を守りたいです。誰かを守れる程の力は私にはありません。自分で自分の命を守る事と1日毎を大切にする事。今はそれだけです。亡くなる必要の無かった人が命を落とした分まで私は生きたい。生きないと!心の底からそう思うのです。私はPCR検査で陰性でしたがあの頃の後遺症のような症状が今もいくつかあります。だからこそ日々を大事にしようと決める事が出来ました。


日何があるかは誰にもわかりません。コロナに感染しなくても不幸にも事故に遭うかもしれません。大病を患うかもしれません。でもね私はもしも明日出会うかもしれない「笑顔」「笑いの時間」を目指したり探したり期待して生きたいと決めたのです。24時間1つも良い事が無かったという人はいないと考えたのです。
嬉しい、楽しいを自分で見つける事が1番幸せだと思っています。私は娘に「ママの笑いの沸点は低い」と言われた事があります。つまり人によって「嬉しい」「楽しい」「笑える時間」は皆違うという事です。苦しい、悲しいも皆違うという事です。コジつけのように思われてしまうかもしれませんが、例えば私が職場で嫌な事が起きたとします。それら全てを人生の経験だと捉えて自分の目や耳が健康である事で意地悪が聴こえた。脳が無事に機能してくれている事に「嬉しい」と考えてみるようにしています。


を肌で冷たいとかぬるいと味わえた瞬間。お月様を観れた日。太陽を眩しいと感じた時。喉が渇いた時に飲み物を飲める喉がある事。日常のありとあらゆる事に感動して感謝してみると数えきれない程あるものです。スマホを持っている事。パソコンを持っている事。私は知識が少ないけれど文字が読める事は凄いと感謝しています。5本の指が両手にある事。動いてくれる2本足がある事。可愛いものを観れる事。優しい香りに包まれる時間を作れる事。探さなくても日常には嬉しい、楽しい、ありがとうと思える幸せがいっぱいあると感じています。だからというのは違うかもしれませんが、職場で毎日意地悪な事をされても言われても、私はそんなくだらない時間よりも、笑う時間の大きさに意味を持てていると実感しています。もしも今後、現状が辛くて逃げ出したいと思う事がこの笑う時間より勝ってしまったら、
今よりも「愉しい」「感謝」を改めて探してみようと思います。



一晩で10万の事をする人が必ずしも幸せだとは限りません。高級スーツを着ているから幸せだとも限りません。社会的地位を得たから幸せだとも限りません。破格なボーナスを貰えたら幸せだとも限りません。笑いの沸点が人それぞれのように悲しみの位置も違い幸せだと感じる点も皆違うのです。
確かACジャパンのCMだったと思うのですが、子供達が何人か居て「聴こえてくるのは歓声ですか?銃声ですか?」という言葉が流れます。銃声に怯えている子供達が可哀想だと思う人は今の暮らしで自分が銃声を知らないからです。比較の対象が全く違うと承知の上で書きますが、生まれた時から政界人の元に居て死ぬまでその世界しか知らない人達は井の中の蛙です。自分が不幸だとは思っていないかもしれません。ちょっとこれは私が嫌味な表現ですね。不快に思う方がいらしたらごめんなさい。
ただね。どうか自分の周りや家族が悲しい顔のまま最期を迎えてしまう事だけは無い事を今一度願ってほしいのです。


明石家さんまさんがTVで言っていた言葉ですが「自分の最期はTVのリモコンを持ったままで、笑い転げた顔のまま老衰してるのが夢」だと。素晴らしいと思いました。私もそうでありたいと思いました。最期の顔は大爆笑している顔でありたいです。


いつもどおり完結ではありません。
こんなに長く書いてごめんなさい。
最後まで読んで下さった方。
本当にありがとうございます。

どうかどうか、笑顔で健康で楽しい良い1日をお過ごし下さい。

トップへ戻る