私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

正常な判断が出来なくなる人とは

f:id:ecoplace:20201219160941j:plain今日のお部屋のキャンドル。良き香りです。

 

 



今日は暖炉を観ながら落ち着く音楽を聴きながらこれを書いています。

www.youtube.com

 

から辛くなるようなニュースが目に入ってきたからなのか、緊張感のある気持ちを少しでもリラックスさせたくて暖炉の火を観せて頂いています。リラックス出来る音楽も良き。このまま暖炉をクリスマスまでずっと観れたら良いのだけれど肝心の24日のクリスマスイブも25日のクリスマスも私はお仕事へ行きます。なので仕事が終わって帰ったらまた暖炉の火を観せて頂こうかと思います。私は家で楽しむキャンドルから良い香りに包まれているとリラックス出来ます。私の家に暖炉はありませんがキャンドルの火を観るとなぜだか気持ちが落ち着くという事があります。

 

 

年はクリスマスが平日だから在宅ワークの方々も含めお仕事の方が多いかもしれません。連日耳にしたり目に入ってくるコロナ関連話題から緊張感が続きますが、自分がリラックス出来る時間と空間を作れたらと考えています。今日も昨日に引き続き私はお休みなので大好きな香りが匂うキャンドルを引っ張り出してきました。写真って難しいですね。私が撮る写真は本当にいつも映えない。(観て下さっている方々に上手くお伝えしたかったのですが)だから普段私がブログで使わせて頂いている写真や画像は無料で頂戴しているものばかりです。

 

 

 

存知の方も多いと思いますが元々は薬局だったBath&Body Works(バスアンドボディーワークス)のキャンドルが私は大大大好きです。日本にはお店が無いのでネットで買うと私には超高級なキャンドルです。それでもお薬を飲むより健康で過ごせる効果があるような気がしています。この写真のキャンドルにはろうそくの芯が3本立っていて長時間燃えてくれてお部屋が香ります。贅沢にも程があるとは思うのですが緊張からくる頭痛で頭痛薬を飲む回数がキャンドル効果で抑えられています。実は暑い時期や梅雨の低気圧の日、湿気の多い時期でもキャンドルにはリラックス効果があると私は感じています。そしてクリスマスシーズンには我が家ではなくてはならないものです。

 

ームレス生活をしていた時期。私はこのお店で昔買ったボディミルクやボディミストを衣服や鞄などにプシュとして気持ちを落ち着けるような事をたまにしていました。今思えばお風呂に入っていなかったので異様な匂いだったに違いありません。
周囲の人には申し訳なかったはず。

匂いのするものは苦手という人は少なくありません。香りや匂いは人の記憶が蘇ったり遡ったりする事があるかと思います。それが良い記憶であれば香りを匂う事は尚良きかなと思っています。私はアルコールアレルギーがあって地肌に香水をつける事は出来ません。だから衣服に好きだったり落ち着く香りをワンプッシュするだけで癒されます。お部屋でキャンドルを焚くとお部屋自体が癒しの空間になります。そういう時は心からありがとう😋と思えます。

 

 

日は犬くんが使っていたおもちゃやブランケットをクンクン嗅いでいました。(変態とか言わないで)で何気に癒されていました。人の体臭が皆違うとかお家の香りも違う。自分の匂いは自分でわからない事が多いと言います。私はどんな匂いがするのかな。今はお家があってお風呂にもしっかり入れています。どうか私に安心して良きイメージ臭をお持ちくださいませ🍏 口の中では今日は大好きなアップルシナモンティーを飲んでいます。温かい場所でこんな空間があって私は幸せですね。幸せだと感じると不安が押し寄せる事があります。これは私の悪い癖です。逆に悪い事があるとこの後には幸せが来るよ来るよ来るしか無いのでは!と考えるようになりました。幸せな気持ちの後にはもしかすると大きな災いが来るのでは?と考えがちです。だからそういう意味の無い漠然とした不安を打ち消す為の贅沢や空間。そして時間を大事にしようと思います。

 

  日々の生活の中で我慢や無理をしてしまう事が他人とは比較出来ないものの、その日を生きる事ですら辛くなって正常な判断が出来なくなってからでは遅い事があると思います。仕事や職場が辛い。家族と居る事や家の中が辛い。逆に1人だから孤独を感じる。自分を無能だと思う時。無力だと思う時。そんな時は逃げましょ?私が思うにそういう時は逃げるが勝ちなのです。自分が1番幸せになる事が最適な手段です。例えば自分を酷いめに合わせた人がいたとしたら、そんな人達を忘れる事に繋がります。そしてギャフンと言わせる事が出来るはずです。今の私は本気でこう考えています。それが正しいのかどうかは正直わかりません。ただ私の人生は今日この瞬間まだ生きているのでこう考えている道中なのです。むしろ自身の思考が止まる事を恐れたほうが良いのです。消えてしまいたいと思う気持ち凄く理解出来ます。何もかも無責任に投げ出したり逃げ出す事を誰かが責めたとしてもそれでも自分の命を護る事。それは誰にでも平等に与えられた権利だと今の私なら堂々と言えます。健康あっての仕事でその後の収入だと発想を持ってみると自身を納得させやすいと思います。正誤はわかりません。ただこれが正常な判断だと考えています。

 

 

族がいようがいまいが関係ないと思うのです。理由は人それぞれですが「自死を選んでしまうまで自分を走り続けさせない事。」心身が健康な間に自分の中で思い続けています。仮に何らかの理由で仕事を辞めて無収入になっても生きる手段を探せると自分で思い込むのです。私は人に助けられたおかげで今があると毎日感じています。私について自死はなぜダメなのかを教えて下さった方の存在が無かったら今このブログを書いている事は無かったはずです。今後私の日々の中で頭の中で苦しいとか辛くてたまらないとわずかでも感じた時は、いっぱいいっぱいになるかなり手前で逃げ出そうと覚悟を決めています。それは今「生きる」に繋がった意味への自分の座標とでも言うのでしょうか。自分1人が消えても地球上で誰も困らないとか、自分には何も無いとか。そういう発想が頭に浮かんだ時こそ「逃げ時」だと思うのです。逃げ出す事=自死だと考えている人もいるかもしれません。それは違うと私は敢えて言います。自分が選んだ行為によって誰かしらに迷惑はかかるのです。確かに自分1人がいなくなっても地球は回り続ける事でしょう。でも自分自身の最期の日が来るまでは地球が回る中の1人として参加し続ける事こそに意味が見出せると信じています。


きる事を選んだ人はこの先に待ち受けている嬉しい事や楽しい事のその瞬間を自分で経験出来るというオプションが付いてきます。自分の目で見れて体験も出来るのです。私もそうですが生きているので辛い事も沢山出会ってしまう事はあると思います。自分の人生はスペシャルオプションが沢山だなと感じ取ってみようと考えています。私は生きていたから今日この良い香りを匂えてる。リラックスする音楽も聴けてる。それはラッキーだと受け入れる。そしてはっきり言える事は今日この後笑う時間も探せばたっぷり出てくるはずなのです。どうか私の人生はまだ終わらないで。どうか昨日に戻らないで。どうか明日が無事に来てね。そう願っています。体調の事、健康の事、家庭や職場の事情は皆それぞれ違うはず。疲れたら一旦背中に背負っているものを全部下ろして休んでからまた歩き出していこうと。私はね、そう考えています。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。感謝。