私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

睡眠時間

f:id:ecoplace:20201125134929j:plain

お休みの日はみんなどうやって起きてるんだろう?


年の今頃を思い出してみた。どんなに日中疲れても中々夜に眠れず、お薬の力をお借りして夜は強制的に眠って翌日またお仕事へ行くという日常だった。最近の私。「冬眠」ですか?と自分に問いたくなる程、一旦眠りだすと眠くて目覚めない。とにかく眠い。仕事がお休みの日の朝はアラームが無かったら気づいたらお昼前だったり、お昼過ぎという事もある。最近で1番驚いたのが、目覚めたらお部屋も外も暗かったので、まだ夜かと思い、なーんだ数時間しか寝てなかったのね。と思いながら時計を見ると17:45「・・・・・・・」


仕事がお休みの日とは言え、慌てて飛び起きた!前日23:00過ぎには寝たので、18時間??え?17時間??1日は24時間だから?つまり?つまりも何も、私は1日の半分以上眠っていたという事だよね?どういう事??何が起きてるの?歳を重ねると朝早く目覚めるとか夜は早くから眠くなるとか聞いた事あるけど、都市伝説?それはいったい何歳くらいからの話なのだろう??私が思うに・・・、日常に緊張感が無さすぎる?お仕事中に眠くなる事はまず無い。仕事が終わって、帰宅すると手を洗いうがいをして洗顔をして。その後すぐに、パソコンやTV(無音)の電源を入れて音楽を聴きながら夕食を取る。その後、お風呂へ入ったり。時間があると映画を観る時があったりして23時過ぎには寝る。翌日に仕事が無い日は日付が変わるくらい迄起きてしまう事もあるけどね。時々は夜更かしする事もあるけど、最近は夜更かしを出来るだけやめて、ベッドへ潜り込むようにしてた。そして目覚めたらお昼とかお昼前っていうのはやっぱり健全じゃないのでは??お休みの日にアラームで目覚めるのが嫌で、セットしないようにしてきたのだけど、これはもしかすると習慣としてセットしたほうがいいのかな。遅くまで寝ていたとしても、しっかり夜になるとまた寝る。

っぱり、これは「冬眠」が始まったと考えるのが自然。あ、待って。歳を重ねると赤ちゃんに戻るって話も聞いた事がある!もしかすると私は赤ちゃんの睡眠時間に戻ってるのか??それは、40代で始まるの?50代?60代?70代?80代?90歳、100歳?? 眠いなら寝る、眠くないなら起きてる。それは不眠で困っていた時に、自分で考えたルールだった。今度は寝過ぎ??寝過ぎは良くないと聞いた事もあるので、せめて8時間以内に?色々試してみようと思う。寝溜めというものは出来ないと聞いた事がある。そうすると私の場合の今のこれは「冬眠」では無いという事になるね。睡眠障害という言葉も聞いた事があるけれど、私の場合は当てはまるのか?は考えるのはやめようと思う。今のところ特にこれで不便な事が起きているとは感じていないので。子供の頃から目覚めがシャキ!!としている経験が無い。目覚めるとまず30分から1時間くらいはぼんやりしてる。体は惰性で動かしている感じ。自分の血圧の低さを知ったのは大人になってからで今も変わっていない。


私のうつ病の症状が酷かった時に、ひたすら眠った事があったけれど。あの感じとは違う。私の体が過去の不眠だった睡眠時間分を取り返してるのか?考えだすとちょっと笑えてくる。誰かに迷惑がかかっているわけでは無いけれど。目覚めたらお休みが終わってた!?という事を損した気がするか、得したと考えるかは「自由研究」という事にしよう。


コロナ禍はいったいいつまでくかはわからない。最近更に全国的に最悪な事に、感染されてしまったり亡くなってしまわれる方が多くなってきている中で思う事がある。みんなお家がそんなに退屈なの?お家にいる事がそんなに辛いの??外食しないとどうにかなってしまうの??友達に会わないともうお友達じゃなくなるの?と。学校へ行く、仕事へ行く、必要最小限は買い物をする。そういう場所では色々と環境の工夫をされていたりする。本音を言うと電車やバスに乗るという事に関してはどうする事も出来ないのが辛いよね。確かに家の中にずっといると憂鬱な気持ちになる事もあると思う。それを減らす為に、家の中に自分や家族との楽しい「何か」を1つでも作ったり考える事はいつの日か、きっと良い想い出になると思う。例えが不謹慎だけれど、子供の頃に台風の時に外に出れないけど何となくワクワクした人っているのじゃないだろうか?今少なくとも日本では家の外で戦争が起きているわけでは無い。コロナ禍に終わりが見えなくて慣れが出てしまう気持ちも理解出来る。ただ日々医療の研究は続けられているのだからそれを信じてみるのはどうだろう。何より怖いのは人の意識の「慣れ」だと思う。無駄に感じるとしても、日々の感染者数をTVで言い続けている事は無駄にはなっていないと思いたい。それでも人の感覚は恐ろしいもので「他人事」だと思う人は少なく無い。


元々私は用事の無いお散歩も大好きだし、目新しい場所へ行く事も大好き。でもはね、お休みの日に出かける用事があれば仕方なく出かけるけど、それ以外はお家が大好きです。自分の「好き」が沢山あって、何より安全だもの。ここに家族がいたらもっと楽しいだろうと勝手に想像してる。私の今の家の中は、誰かに蹴られるわけでも、殴られるわけでも、意地悪されるわけでもない。最近の宅急便さんは玄関先に置いて行ってもらえる。好きな音楽を聴いたり好きな本を読んだり、映画を観たり。インターネットにも繋がっていて。どれだけ大声で笑っていても良くて。有難い事に居心地はとても良い。私の家は広くて走り回れる環境じゃない。それでもストレッチ程度なら出来る。確かに体を動かす事が好きな人だったら気が狂いそうなほど走りたくなるのかもしれない。筋トレのジムが無いと生きた心地がしないのかも?それ程、自宅の中に居る事は苦痛なのかもしれない。ただね、1番は「健康」だと私自身は心から実感してる。


わとりと卵論になってしまうかもしれないけど、心身共に健康でいる為には「体」が健康である事だと信じてる。自分が健康でいる事が、自身は勿論、周囲にも迷惑がかからない。健康の為なのだろうが、周囲に人がいっぱいいる中でも走ったり筋トレしてる人達は、自分はコロナ感染とは無縁だと思っているのかもしれない。十分に気をつけてると言いたいのかもしれない。マスクを外して外を走る事は誰にも迷惑がかかっていないと考えているのかもしれない。周囲に人1人いない場所を1人で走るなら話は別だけど。私にはいくつも持病があるけれど、日々それらとはどう共存するか。これからもどう歩むか。この体でいかに「健康」で過ごせるかを工夫しつつ過ごしてる。泳いだり走ったり筋トレする事は確かに体に良いと思う。ただね、想像してみてほしい。これだけ感染者が全国的に増えている中で、家族や友人とも会わずに一生懸命に過ごしている職業の人達がいる事を。街中を息を切らしながらランニングをする人を見る度に思う事は、ひたすら訪れる患者さん達と終わりの見えない医療現場で働いている人達の事についての想像力が無い人達なのだと。そして更に、外出したい、走りたい人達の欲求の中には無いであろう想像力欠如の中に、コロナ感染とは無関係でも持病がある人達がどうしても病院へ行かなくてはいけない人達やその家族達にどれだけのリスクがあるのか。確かに体を鍛える事も大事だけれど想像力を働かせる力を養ってほしいと心から願っています。経済を守る、動かす事はとても大切な事だと感じています。ただ全ては「人」が「健康」であっての事。


どんな事についても共通して思う事は「他人事」だと考える人は変化に弱く現状からも前へ進めない人だと私は考えています。私も含め日々全ての事や環境にアップデートを頭の中に置いて過ごしたい。


いつもどおり、話が逸れましたが今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。