私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

ヘルプマーク

f:id:ecoplace:20200905011340j:plain

Twitterである方のツイートを読みい出した事があり返信機能を使って私の思いを書こうとしたのですが、完結に書けず、140文字どころか長く長くなり過ぎてしまいました。😓 許可を取っていないので、引用してブログに私の思いを書かせてもらう事にしました。ブログを見て頂く人を増やしたいとかそういう為ではありません。もしご本人が不愉快になられるかもと感じたらその時は削除します。あくまでも私の経験談だと思ってお読み頂ければ幸いです。
下記が私がメッセージを伝えたいと思った元になったツイートです。

先日、私と息子氏のヘルプマークを見た男性2人組が、すれ違いざまに、
「うわ、キチガイマーク!親子でキチガイとか終わってんな」
「キチガイがキチガイ産んで増やすなよ」と結構大きい声で言ってきたので、脳内で埋めることにしたんですが、どうやら失敗したみたいで、数日経った今泣いてる



めまして、さつきままさん。私は電車に長く乗る時だけつける事がありました。外出時にマークはバックの中に入れたりしていました。マークの意味が広まり定着した分、残酷な場面に遭遇した経験が私もあります。ジロジロ見る人。チラ見する人。一切見ない人。キチガイと言われた事もあります。「刺すなよ?」と言われた事もありました。ただそれは私へ向けられた言葉の凶器として落込むだけで済んでいます。これまで想像もした事はありませんでしたが、もし自分の子供に対して発された言葉だったら私は平常心を保てるか?と疑問符です。

そして、言いせるかどうか?本音を言うとその時にならないとわかりません。普段の私から考えて90%は言い返せないと思いますが。見た目は何ら障害の無い人に見えるわけで、今初めて見る人から何でヘルプマークのせいでこんな思いをするのか?深堀して考えた時期もありました。マークが出来た当初は認知度も低かったわけですし。歪んで認知してしまう人は少なからずいるのだという事と「キチガイ」という言葉を平気で発してしまう人に対して、可哀想にとかお気の毒にと逆に相手を思いやる事に徹しています。職場で面識のある周囲の人からも心ない言葉や態度を取られたりした事があって、かなり落ち込んだ事もあります。道や電車で心ない言葉を言われる事は確かに凹みますが、2度と会う事が無いどうでもいい人というのも乱暴な言葉かもしれませんが、実際、道ですれ違ったり電車で同じになるという確率は限りなくゼロだと考える事にしています。


ただ、こういう気持ちにるまでに長く時間を要しました。さつきままさんは初めて酷い言葉の暴力を受けたのかも?それは私にはわからない事ですがとにかくショックだった事や悲し過ぎて数日がたってから涙が出た事だけはツイートから受け取れました。どんなに辛かったか。どんなにご自分を責めたか。想像しただけで胸が張り裂けそうになります。私の場合の話を少し書かせてください。ある心ある優しい人が私に教えて下さった事がありました。そもそものヘルプマークの持つ意味についてもですが、外で何らかの事情で私が倒れた時の為にヘルプマークや通院している病院がわかる物、飲んでるお薬がわかる物をお財布に入れてみるのはどう?というアイデアを受け取りました。

理由は救急などの場合、まず身元を認する為にお財布などを見るという新しい知識でした。ヘルプマークを無差別に誰にでも見せる事や心ない言葉や態度を受ける事について疑問を持った私に救い船といいますか、嫌な思いをするくらいなら自分を守るに徹してみようと考える事にしました。言い返せない自分を責めるくらいならと実践してみる事にしました。だから今はお財布の中にずっと入れています。どうかどうか、ご自分を責めないで下さい。

悲しすぎて苦し過ぎて数日たった今になって涙が出たという事にも共感を持てました。人間は余りに辛い体験をすると忘れてしまうか、数時間、数日たってから蘇る事があるという事も経験しました。今もその経験の最中な時も日常に沢山あります。思い出して怒りやら悲しみが蘇った時にはどうか感情を抑えるのではなく、Twitterでも構わないと思いますし、お友達やご家族がいらっしゃるとしたら、こうやって誰かに見てもらう、聞いてもらうなども1つだと思います。独り言でも良いので吐き出してみてくださいね。幸い有難い事に私はを発してになって自分の耳で聴ける事に心から感謝しています。

その事によって、の整理になったりしています。誰も聞いていないのだからと良い意味で開き直っています。それで沢山沢山気持ちを切り替えられたり、第三者から頂く励ましの言葉でリセットできたりしています。下ばかり向いて歩いて生きてきた私が顔を上げて前へ歩む事を目標に出来たりしています。当たり前ですが改めては考えない事の中に人間も動物も個々の感情があります。常識も1000人いれば1000通りあるのよね。と、変更する思考スイッチを毎日せっせと押しています。


しい時や自分でも意味がわからない事があったら思いっきり泣いて、そのあとには思いっきり笑う。これを繰り返しているうちに、気づいたら笑うが圧倒的に多くなってきています。意外と笑いは探すと沢山ありました。自分の笑いのツボはこんなだったんだと新しい発見にも繋がりました。どの国にもお笑いがある事に納得出来ました。辛い時は笑いたくない笑えないが負の連鎖で繋がるのですが笑うという行為を最初の頃は無理矢理始めました。私は一人暮らしなので笑いを見つける事が出来ず最初は寝る前のルーティーンの1つに加えました。声に出して「くすっ」「あは」「あっはっは」「わっはっは」とか短いものでした。正直、不気味な自分です。ただ、今は辛い事があったら無理矢理口にせずとも笑える動画でもブログでもツイートでも何でも良いので見る聴くをしています。笑い過ぎたあとにはその日あった嫌な事、悲しかった事を半分は忘れています。寝ます。起きます。悲しかった事は残り20%になっていたりします。残っている悲しい事、辛い気持ちは新しく起きる日常を過ごしているうちに、少しずつ少しずつですが減ってきます。無理に忘れようとする事は無いと考えています。その行為をすると辛かった事が頭の中にずっと植え付けられると感じました。誰か何かを恨んだりしている行為は自分を苦しめてしまうと考える事が出来ました。その行為はくだらない事なのだと。何事も自分都合で良いし自分方法で次のページに進んでいこうと考える事にしました。

も人間です。少なくとも私は人として完璧な人など見たことはありません。完璧を目指すと息切れする日が早かれ遅かれ訪れると私は感じています。だから色々な方法で吐き出してため込まないという方法を探す事に時間を使う事にしました。方法が見つからずぬかるみにハマってしまっている時がありますが、楽しかった事、嬉しかった事、笑った事をパソコンでも手書きでも良いのでその都度ですが書き出しています。どうか悲しいや辛い気持ちをため込まないでいてくださいね。私も同じくヘルプマークを持つ1人として、これからも前へ1つ1つ進んでいこうと歩いていきます。さつきままさんや私と同じ思いをした事のある人が、どんどん笑顔になる日が来る日があると信じています。遠くから私はさつきままさんを応援しています!

余談として読んでください。は最近まで日本語の歌を殆ど聴く事の無かった私が最近知った曲なのですが " What's going on " というOffical髭男dismの歌詞を耳にして、自分に置き換えて考えると何故だか純粋に元気が出ました。何年後かにこの曲を聴いた時に「ああ、あんな時もあったなぁ」と笑顔でいられる日を目指そうと考えています。頑張るより自分を守る術を一つずつ増やせますように。そう考えています。え?ちょっと待って?酷いのは世の中。何かが悪いとかと考えるのは勿体ない時間だと感じたのです。

人や日本地球毎を変える事は私が生きている限られた時間内で自分軸では難しいと考え方を切り替えました。誰かの為に何かをする事は私には高度だと思ったのです。だから自分を幸せに向かって大事にしようと考える事にしたのです。自分が最期の瞬間がどんな?かはわかりません。最期の自分の顔が悲しいか怖い顔であるよりも笑顔で天国へいけると信じています。頭がお花畑だと言われても気にしません。大爆笑しすぎてる時が最期の顔の瞬間だったらそれはそれでその顔は想像したくなりますけど。みんなみんな幸せの形は違うでしょうがどうかさつきままさんに笑顔が増えますよう祈っています。