私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

悪意の無い感覚と無意識

f:id:ecoplace:20200316131818j:plain

日本語で無意識に使っている差別用語が多くない?

日本で英語を教えている知人が
日本で英語を教える欲を失ったと
書いている文章やその理由を読み
日本人として申し訳ないと思った事について
書き残しておこうと思う。



日本で暮らし日本語だけで一生を終える人は
少くない。
なぜ務教育で小学生から
英語を学ぶようになったか?
それが始まってからいったい何年め?
シンプルに考えて日常で英語を使う場面は少なく
ネットを使う事が多くなった今の時代に
理解に苦しむ英語書が多くあると知った。
疑う事なく、学校の英語の宿題に
それらの辞書を使う子供が多くいる事も知った。


は減ってきたと聞いているけれど、
日本には昔クレパスや絵具に疑う理由なく「肌色」という色があった。
幼い子供がどろんこ遊びをして靴や服が
汚れた時に全ての家庭では無いけれど
「まっくろ!」と表現する。
洗濯洗剤のCMでは
「真っ白」と表現する。

綺麗=白
汚れ=黒


供は赤ちゃんの頃から身近な言葉を
無意識に聞き分け、インプットされ覚えて成長する。
英語だけでは無く
そもそも日本語へ直訳する事や
ニュアンスを伝える翻訳そのものが難しい事が多い。
映画などを観ると首をかしげる人も多いのでは?
それは日本にしか無い表現が多いからだと感じる。
それらは決して悪い事では無い。
日本独特な表現が美しいと感じる
場合や場面も多く存在していると
個人的には感じているから。


本語単語が世界中で
そのまま使われている事は嬉しい時もある。
日本という国に興味を持って
日本で英語を教えたいと思って
いざ日本へ来た英語圏の人を
落胆させたのは、子供達の責任だろうか?
そうでは無いと知人の話を知り考えた。


私はアメリカやカナダでアジア人として
くの人種差別を経験した1人。
それは子供の頃の心の傷の1つ。
ただ私の場合は、それ以上に
楽しい、嬉しいを味わえたおかげで
今でも英語圏で暮らす「夢」を持ち続けている。


日本で暮らす人も
いつか留学や世界のどこかへ旅、移住を考えている人も
日常生活の中で、自分が誰かや何かを差別する表現を
無意識にしていないか?
仮に日本生まれでも英語圏で育った人が
日本で英語を使った時に
発音がいいだとか、悪いだとか
英語で何か話してみてとか
そういう言葉が相手をどんな気持ちにさせるのか?
これらも悪意の無い差別となっている事もある。
世界中から日本へ移住してきた人に対しても
それは同じだと感じてる。


語や文字は相手に気持ちを伝える手段という
意識であってほしいとずっと思ってる。
どこの言語でも凶器にもなりうるから。
だから文法や発音の上手下手は無関係。
日本国内の受験の為だけなら、
いっそ英語の学びは不要な気がする。
想像力を働かせる事が苦手な人が
日本国内で多いと感じるのは
決められた事を勤勉にする事=良い子(人)
幼い頃からそう教えられはしなかっただろうか?



会へ出ても大差ない感覚がある。
それでも周囲と違わない人生を目指すのは
どうしてかな。
「先生の言う事をよく聞いてね」と無意識に教えられたから?
どの先生も絶対じゃない。
親もまた絶対じゃない。
というのは、私の考え。
つまり正解でも不正解でも無い。



由な発想だけで皆が
自由奔放に暮らすという意味ではない。
人が平和に暮らしていく為の最低限のマナーやルール基準は必要。
個々の国のマナーやルールがあって
日本には日本の良さが沢山あるのに
自由な生き方がしづらいのはなぜか?
物心ついた時から無意識に皆が同じ方向を見て
一生懸命に歩いているからではないか?
そこを外れた途端に「変わった子供(人)」となる。
勿論、犯罪は別問題として、
人と違う発想がある子(人)がいたら
もっともっと応援したり共感したい。
英語に興味がなくてもちっとも不思議じゃない。
他の事に興味があるならそれは素晴らしい事。
どんどんその方向へ歩いてほしい。


れから成長していく子供達に
間違った表現や言葉を使っていないかどうか?
悪意の無い感覚や意識が
子供達へ悪意の無い無意識な知識となって
受け継がれてはいないかどうか?
無意識の中でインプットされる事を
意識するだけで
素晴らしい環境になって世界中から
日本にもっと興味を持ってもらい、
日本に失望させる人を1人でも減らす事に
繋がるのでは無いかと感じた。

f:id:ecoplace:20200316130412j:plain


辞書アプリや翻訳会社を全否定する訳では無いのです。ただ日常の
意識や感覚のアップデートが必要では無いか私も含め考える事は大事かなという話です。