私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

台風と孤独

これまで積み上げた経験(もの)は無駄にならないなって思った。
ただね、
同じシチュエーション、同じ経験、同じ行動、同じ感覚って
無いかも?
そんな新しい気持ちを発見した。


自分が陽の当たらないところから発展する面白さ。
私の場合で言うと、無力な人間なのに発酵するような感覚。


あ、あとね、今のところ変わっていないのは、
これまで読んだ本や、観た映画やTVドラマは
無駄にならないという気持ち。

私が車の免許を取ったのは、ターミネーターに出てくる「サラ」の影響だったし。


何度もブログには書いてるんだけど私が今
人間として人らしく、社会に混ざって頑張れるのは
応援して頂いたり、励まして頂いたり
支えて下さる存在があるから。
温度以上に嬉しい事は無いと信じてる。
(天国にいる犬くんもきっとそう思ってるはず)

本当はね、
生まれ持って全てが備わっている人生に憧れもあった。
ただ、
もしも私に「ソレラ」がある人生だったら
今、この宇宙船に乗り込んだような?
「今から発射されるよ〜」っていう
宇宙へ向けてのロケットのような?
そんなワクワク感も、感激も、感動も、感謝も
何も無かったと断言出来る。


「ソレラ」の中でも特に「愛情」が大きい。

愛情は当たり前にあっても
愛情を自分以外の誰かに
送信したり、交信したり、与えたりするって凄い事。
全ては奇跡だと信じてる。

これも私の場合だけなのかもしれないけれど、
少し方法を間違えて、家族に愛情を重く感じさせてしまう事も
あってね、そのエネルギーを少し工夫すれば良かった。

そんな風に思う日もたまにあるけど、
その「後悔」「反省」を良い意味で
忘れている時が増えている事に自分が驚いてる。


私のこの2年は、それまで生きてきた何十年という時間を
綺麗に整理整頓して、少しずつ少しずつ
引き出しに閉まってくれているようなね、そんな感覚があるよ。
特に現在進行形中のこの1年。


寂しさ、悲しみ、苦しみ、絶望感、そういうダークな
事の重大さに順位をつける事もなく、
真逆の嬉しかった事、気持ち、感情に
順位をつけるようになってきてる。
これ、必要?不要?とかじゃなくて
自然とそうなってきてる。


「嬉しい」「感激」「ありがとう」は
あたりまえにあると思っては勿体ない。
そして、
「家族」とは血の繋がりだけじゃない。

私が思うのは、「共存」してくれている全ての生動植物に
「元気?」「今日もよろしくね」と感じる心の感覚。
これこそが私の想い描いてきた「家族」だとしか考えられない。



自分の為に力を貸して頂いたり
温かく背中を押してくれて
道を一緒になって切り開いてくれる
そういう存在こそが、私にとっては
大切な家族だと断言できる。


困った時だけではなくて、
嬉しい時も一緒に喜んでくれる「家族」
何て素晴らしい!!
何の宗教なのか?わからないけど、
人類みな兄弟的な言葉を聞いた事がある。

今の私なら宇宙人でもお友達になれるし、家族になれそうな勢い。

ゴキブリさんも苦手だった。
もはや、自分の思考なのか?
考えるのは諦めて想いのままであろうとしたら
楽になってきてる。
実は、この1年で私はゴキブリを殺虫してしまうスプレーを捨てたんだ。

あとご近所で時々みかける、プレーリードックくん。
お散歩させている人を見かけては
その子に「元気?」と声もかけられるようになった。


相手は、私を覚えてる?覚えてない?
よくわからないけど、そんな事はどーでも良くてね(笑)


歩くプレーリードックの目線が余りにも低すぎて、
地面に寝そべりたくなるけど、
それは迷惑がられそうなので、そのうちね。

ううん。
プレーリードッグくんの話がしたかった訳ではなかったんだ。


独りぼっちだ、寂しい、わたし何で頑張ってるんだっけ?
そう感じると全てがマイナスへ向かう。
思考も日常も。


私は支えられてる。
観てもらってる。
助けて貰ってる。
励まして貰ってる。
会話をしてもらってる。


構ってちゃんだと笑われようが、嬉しいものは嬉しい。
恥ずかしくても嫌われても
純粋に自分の気持ちを言える毎日を過ごしたい。

食事で栄養が必要なように、
メンタルには純粋と正直と素直な気持ちが役立つ。
きっとね。


こういう気持ちが私を宇宙へ飛ばしてくれそうなレベルで
生かしてくれてる。


正直、私の行動範囲なんて
宇宙から見れば、狭い。
それでも、私は体が動く限り無計画だと笑われても
自分の人生をもっともっと冒険しようと思ってる。


これはね嘘じゃないし、大袈裟でもない。
心から、心の奥底からそう感じる。
幼稚な人だと思われても気にしない。
言い続けたり願い続けたり想い続け
口に出したり文章にすること、
結果を夢みたら息切れする。
プロセスを愉しむだけで良き良き!
そう思ってる。


「ありがとう。」
素直にこう思えるだけで
私にとっては、花丸と100点贈呈。


私だけでなくて病気になると、気持ちが弱くなる。
きっとこれは経験した人多いんじゃないかな。


そんな時に、自分に「頑張れ」と応援歌を
耳元で歌って貰っているかのような
そんな居心地の良い事がおきると、
お薬よりもずっと元気を与えて貰える。
自分にはそんな存在も何も無い。
もしそう感じたら自分で自身に言う。



何事も努力をする事は大切だけれど、
人は、根性論で生きられない事を
教えてもらった時の意味が
少しずつ、少しずつ理解出来るようになってきている。
不思議な程に。


以前は
「今生きなくちゃいけない時間」と考えてきたけど
今はね
「生きたい」時間。
そう感じてる。


この差は同じ時間を過ごす、生きるにしても
スタート地点も
ゴール地点も違う所って思うんだよね。



私は健康でもっともっと生きたいよ。心から。
1番は、自分の為に。
その次が、
私の事を大事に思ってくれる人に
恩返しがしたい。


私が健康に長生きする事で
弱っている人に、私の「何か」を差し出す日が
くるかもしれない。
ぜひ、そうなる事を願ってる。



何が出来るかなんてまだ私にはわからないし
約束も出来ない。
それでも、ただ心身共に健康に生きるよ!
その約束だけを自分に向かってしておきたい。


「信じる者は救われる」っていう宗教もあったかもしれない。


まだ来てもいない
「未来」に不安になってもしょうがないんだよね。

でも、生きていると「ソレ」に出会ってしまったり
向き合わなくてはいけない。
共に歩かなくてはいけない時もある。


昨日台風が来た時、
独りで部屋にいて昼間は良かった。
でも、問題は夜だった。



見えないゴーストを勝手に想像するのと同じで、
このあと
突然停電になって独りで真っ暗になったらどうしよう?とか。
浸水した時は、私一人で逃げられるのか?とか、
犬くんの遺骨を雨風で濡らす事だけは嫌だとか考え思っていたら
もう、TVも入ってこない難聴状態。

自分でコントロールできないレベルでパニック。

まだ停電も浸水もしていないのに。(笑)


結局、何度か
過呼吸を何度か起こしては自力で安定剤を飲み、
悔しいながらも御守りの安定剤のお世話になってしまったけれど
幸い誰にも迷惑をかけずに、
独りで息苦しかっただけで済んだ。



突然強くなるってお薬で何とか出来るものじゃないって
わかってる。そんなお薬があったら、ノーベル賞ものよね。
ただラッキーなのは、
元気パワーに繋げる呪文はこの2年ですっかり増えた。


最初の頃はね、ノートに書いたものを
ひたすら眠る前に棒読みしてた。
今は、頭に入ったのか?自然に口から出る。
出さなくても自然に眠っていたり。


自分の人生を自身の気持ちに素直になって愉しむ。
たとえそれが無計画でも幼稚でも。
誰がどう思うかじゃなくて、自分がどうしたいのか。
それだけで良いよって感じてる。


明日、来週、来月、来年の事を予定しても
出来なかったと切なくなるより
今日出来る事を、精一杯してさえいれば
失敗だったとしても、後悔は残らないから。


昨日TVで、ある82歳のおばあちゃまが
浸水している家の前で台風が来るまえにと、
自治体?から持ってきてもらった土嚢を
玄関先に積みながら、
「独りでいるとね、本当に不安ですよ。。。」と
涙されていた。


年齢は私が明らかに若いけれど、
独りがどう不安なのか?が私には理解出来る。
独りは楽だという人だっている。


でもね、自分の最期の日まで
健康で体が不自由なくいられる人って奇跡だと思う。
生き物だから、体のどこかしらのパーツが
弱ったり故障したりする。


その時に、「独り」の不安を諦めるか
愉しむかは、それまでの人生で
ゴールが変わるような気がしたのよね。


TVでお見かけしたおばあちゃまは、
家族が元々いないのか、
家族に先立たれたのか、わからないけど。
貰い泣きしながら、私なりに自分がおばあちゃんに
なった時を想定しながら観ていたのだと思う。

そのおばあちゃまは、
一生懸命独りで生きておられる事だけは
伝わってきた。どうかご無事で頑張って!と
心から願う他にない。


健康な時には、独りの不安さを実感できない。
無人島で、通信手段もなく、旗を振っても誰にも
気づかれずいるような、そんな孤独感や絶望感は
年齢と共に増え大きくなるのだろうと思えた。

ただ、どこで暮らしているのかが重要じゃない。
誰かといるから安心でも無い。
格好良いステータスなど無い方が格好イイ!


自分は何を出来るようにあり続けて
どう生きたいのかを常に心に持ち。
他人がどう思うかなんてのは、どうでも良くて、
自分を何かや、どこかに、
固定させる必要も無いんだなって考えてる。


毎日に必要な事は、
頭の中の楽しい事のアップデートだけ。


辛い事を頭の中でアップデートして
バックアップしていくと、限界がくる。
だから、
私は楽しい事と嬉しい気持ちをバックアップ取って
必要になれば、引っ張りだしてきて
更にアップデートしようと決めた。


色々な事、全てに「ありがとう」
これだけで花丸と100点。