私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

ごめんなさい。

自分を、鉄板焼きで焼いて圧力鍋で煮てフードクラッシャーで砕いてしまいたい気分。


私のことを応援してくださっている方々をがっかりさせてしまう事が起きてしまいました。


色々続いてかなり凹んでいたけれど、

8月からは新しい仕事が決まり素直に喜び、
はりきっていました。


新しい環境、新しい人達との関わり。

新しい仕事内容。

不安などは全て高い高い棚へ放り投げて

新しい事と、日々目の前にある事を一生懸命にこなす。


過ごす。


生きる。



沢山の応援をもらい、励ましてもらい、

どれだけ私は幸せ者なのだろう?と

心からそう思った。


勿論、今だって幸せ者には変わりありません。




9月に入り。


職場の人達にも恵まれ、新しい仕事も


わからない事だらけながらも、笑顔で頑張りました。




そんな中、月初日に会社から突然メールが来ました。


「契約内容が変わります」という連絡事項と共に

「扶養内枠」のシフトが。





「え???」




私は最初の面談で採用が決定した時、

ほぼフルタイム(月20日程度)で働くという事で研修期間から
初めていました。


研修期間は残すところ、今日からあと3日。



いや、最初の話とあまりにも違う。




扶養枠内で働くという事など、
これっぽっちも聞いていなかった事。



面談や、準備期間、研修が始まってからの

この半月はいったい何だったのですか?



メールをもらう前には、

やっと研修期間を残り3日残して、1つずつクリアして

試験にも合格して、まだ研修期間にも関わらず

お客様対応の仕事が始まっていた。




研修期間が終わって、ようやくフルタイムで働けるとなれば

正社員では無いにしろ、貧困生活から抜け出せる。

10月中旬には貯金もスタートしていけるよう頑張る!

そう考えて、頑張っていたのに???



意味がわからなくなってしまいました。



早速、本社へ3度も行き、抗議しました。



ちゃんとアポも取り担当者と話をしました。



まず1番になぜ、最初の面接の時点で決まっていた

就業日数や時間の内容と違う事になるのかという問題。




今の部署でフルタイムで働けるだけのキャリアが私には
無いという判断なのか??を確認した。


それについては、「違う」との事。



私の仕事に関しては、

「短い期間で、ここまで出来るとは想像していなかった程に
進歩して頂いてる」

と。


「え?」

「ならなぜ??」



担当者が言うには、「こちらの説明不足でした」というばかり。


きちんとした回答が返ってこない。




「最初に受け取った契約書はどう理解すればよろしいですか?」



「こちらの説明が間違いだったという事で至急、
作成しなおします。」と。



さすがに3日続けて通っても同じ答えばかりで、
もう言葉が出ず。




8月から始まった研修期間を含め、
9月をまたいでしまっている事。



私としては、生活があるのですぐにでも

フルタイムの部署を紹介しなおしてくださいと何度も伝えた。


でも、
担当者からの返答としては、

今の部署を離れる事になると、年末年始は入ってもらえる部署が少ない事。


入れるとしても、同様に、扶養枠内になるとの事。


更に、向こう3ヶ月は時給が今の時給に比べて随分低くなるという説明しか返してもらえず。



悔しくてなのか?

怒りなのか?

泣けてきた。



何でこうなるの、、、私は。


酷すぎる。




例えば「仕事をこなせない。」という理由であれば納得できる。


100歩譲って、それであれば日数を減らされても仕方が無い。


どんな風に消化すれば??



新しい契約書やメールの内容は、今の部署のまま、

来年の3月まで。半年先まで扶養枠内。



今の職場を探して、面談を受けに行って

研修時期を待ち、

研修を受け、

実際に働き出して、色々と教えてもらいながら習得出来てきた今、何で・・・・ってなる。


研修を受けた意味が。



私は生活の為に働かなくてはいけないのに。


あと3日の研修期間の勤務時間は、短時間のみの予定。



その後、毎日仕事があるわけでは無いとの変更なので、

副業を探そうかとその場で一瞬、考えた。



でも、シフト内容は、

平日の昼間の貴重な時間
(他社の面接などを受けれそうな時間帯)には

シフトが数時間ずつ入っていた。


働きながら、
違う仕事を探す時間、物理的な事、
体力的な事や、精神的な事の自信を失った。



この説明を受けた途端、

喘息も出ていた事も手伝って、どんどん鬱に。

それでも、職場では笑顔で働けた。
我ながら頑張っていたと褒めたい。


でも帰り道には、涙が止まらなくて。




同じ職場の4.5人が、私の9月からのシフトを知り

帰り道歩きながら心配して下さりお声をかけてくださった。



実は、私の前にいた方が

私と同じ理由が原因ですぐに退職したと教えてくださった。



私は、登録した派遣会社に対して何ら疑いも無かったけれど、

実は、人を雇用し縛り付ける為に手段は選ばないなどの

悪どい会社だと教えて下さった。



私がバカだ。

リサーチ力の無さ。

なぜ契約書を信じてしまったのだろう。



一生懸命に仕事も頑張って。



研修にも1段階ずつ合格していって。


家でも宿題をして、勉強も頑張った。




ううん、私がこうやって仕事のトラブルが続くのは

私に何か原因があるに違いない。



何度も何度も新しい契約書を読んでみた。


とても生活が出来る内容では無い。




まだ9月に入ったばかり。

月末まで扶養枠内で働いて副業を探す?いや無理。


「覚悟」


こういう時に使いたくないけど(使う言葉でも無いけれど)


思い切って違う職場を必死で探す。


頭の中で「こっち」が勝った。



この6日間、考えに考えて胃に穴があきそうな日が続き、

考えていてもダメだって事が浮かんだ。



「行動だ!」って事。



上手く説明は自分につかないけれど、


「来年の3月までの契約書は受け取れません」と
きっぱり言ってきた。


「最初の契約と違う、途中で契約を勝手に変更される職場を

信頼出来ません!」と

自分の思いを言葉にして今日、派遣会社を出た。




仕事と、派遣会社へ3日連続訪問となった。



これ以上、考えても何も出てこないって言い聞かせても

自分に何度も何度も言い聞かせても悲しくなって。



地下鉄に無表情ながらも

みんな一生懸命に働いている人達の

中に混ざっている自分が電車の窓ガラスに

うつっているのを見て

涙が止まらなくなった。



まだ心臓がドキドキしてる。

変な呼吸。



でも大丈夫。

私はきっと乗り越えられるに違いない。


大丈夫! 大丈夫。大丈夫。


あさっては日雇いバイトへ行こうと思う。
(入れるかは未定だけれど)


月曜は、ハローワークへ行こうと決めた。


ひとまず雇用保険の手続きをしようと思う。



私を応援して下さっている方々には、

心から申し訳ないと思っています。




ただ私の人生はまだ終わっていない。


何度でも違う道を探す。

何度でも転んで起き上がる気持ちを持ち続ける。


今日、こんな風に楽しくない内容を

ブログに書いたのは、自分への十戒とでも言うのでしょうか、

殆どが自分への手紙です。


人生の終わりが来た訳でも、
地球が最後の日になったわけでも無いと

せめて今日だけは言い訳がましく、

自分に話かけて文字にして1日を終わりにしようと思います。



最後まで読んで下さった方々、本当に心から感謝しています。

ありがとうございました。