私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

戦略

最近みたドラマのセリフの中の
いくつかが、今の私の境遇に、
ズシンときたっていうか
心に残ってる。

出来れば忘れたくないなって思えたから
書き残しておこうと思う。



ちなみに、
そのドラマは日本のドラマで
社会人ラグビー部の話。
(観ている人は、少ないかも?)



私がまだ高校生だった時に、
TVでラグビーの試合を初めて
観てなぜか感激した記憶がある。



世間は野球やサッカーがメインなのに、
私はなぜか当時、
バスケやラグビーを観ていた事が
何度もあったように思う。




ちなみに、今は
観るスポーツで一番大好きなのは
アイスホッケー。
次がバスケ。


どちらも、会場で見る事をオススメ。



この2つだけは自分が走ってる気持ちになれる(笑)
もう何年も観てないけど、TVでやってると
思わず観てしまう。



実際の私の運動オンチさは、
超も度もつく程のオンチ。


中学では硬式テニスに入ったものの
オーケストラに二年生で勧誘され移動。


走らなくて良くなったから良かっただけ。


高校生はバイトばかりでクラブなど無縁だった。


大学に入ってからサークルに
誘われて行ったりしたけど
冷やかし程度で終わったものばかり。



大人になってからは
走るどころか、ヨガも出来ない。
体が硬くて根気もない。



でも、観て鳥肌が出る程の応援をしたくなるのは
アイスホッケーとバスケの2つだけ。
チョットした自慢で趣味も無い。



それが、今回ラグビーのドラマを観て
高校生の時に好きだったラグビーを
思い出した。




主演の俳優の大泉洋さんは、
経営戦略課からラグビー部のGMとして
ラグビーを任せられるんだけど、
会社はそのラグビー部を潰したいという
ベタな脚本内容。



でもね、
今の私の境遇に
漠然とすっぽり当てはめて観たんだと思う。


で。


やっとですが、
以下がドラマの中で出てきたセリフの一部です。





「戦略というのは、
自分の強みをどれだけ活かす事が出来るか。

君の強みは「ラグビー」なんだろ?
だったら、
その力を自分の為にも、
会社の為にも活かすべきなんじゃないのかな。」


「ひたむきに
積み重ねる事で、逆転のめはあるはずだ!
仲間の為に、タックルをして、
パスをつないで、
チーム全員で結果を出そう。」






これが記憶に残った
セリフの1部なんだけど、
もちろん、
私は普段も、これまでも、
ラグビーをした事は無い。



どちらかというと、
ドラマは昭和な感じの熱いラグビー部の
脚本という印象。



ただ、これが
自分で自分を戦略をするとしたら?


「うーん。」となった。


って、
いつもどおりの特別意味はなしの
想像力アンパーンチで、
1人で頭の中で戦ってました(笑)


(注:変なドラッグとかしてないからね??)



自分のこれからの道や生き方の
戦略って、考えてみると
面白いなって思えた。




ずっと先の事は誰にも
わからないけど。




自分がどこを向いて走って行くか、
歩いていく目印はどこなのか。




私の強みは何?
自分の為に何を活かす?
誰かの為に何が出来る?



私は人よりも随分と遅いペースで
何やっても順調に前へは進んでくれないけど。




ひたむきに。
1つ1つ積み重ねていく事で
逆転の日が訪れるかもしれない!!



そんな風に置き換えてドラマを観ていました。



これは、私見でドラマとは違うんだけれど、



結果」を出す事も大事だけれど
プロセス」というのは、
お金で買えない「強み」だと私は感じてる。




明日も私に素晴らしいプロセスが1つ増えますように。


今日も最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございます。(感謝)