私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

頓挫

難航中です。

え?また??

えぇ、またです。

私を応援して頂いている1人1人に
良き報告や、近況を。

そして嬉しく楽しい話題を。

1秒でも早く
ここでお伝え出来る事だけを
今は「目印」にしているのですが。


目印が見当たらず、
私の乗ってる船。

ただいまもまだ
「頓挫」中です。



皆さま、本当にごめんなさい。
そして甘えたお願いです。

今しばらく、私の沈みかけの船を
暖かく見守って頂けると、有難いです。



こうして、
私は自他共に甘えてばかりですが、
沈没しそうな乗り込み中の船の
修理が出来るのか?
何とか岸への「目印」を見つけて
無事に、どこかの島へ足を着ける事が
出来るのか?


今はまだ灯台すら見つかりません。

それでも、これでも
やっぱり泣きながらでも
めげません。


なぜなら、船に向かって手を振って
「こっちだよ〜!頑張れ!」と
いう人の声が聞こえてくる事が
私を安心感に導いてくれているからだと
断言出来るからなのです。


天国の犬くんはシャワー(水)が嫌いだから
私と船には乗らずに、
カモメ?と一緒に
私の頭の上をくるくると旋回しながら
見守ってくれていると、
もはや、
妄想までしています。




昨日は(も)お部屋のエアコン料金代を
浮かす現実逃避の為、
本屋さんへ行っていました。


毎日朝一からの、ハロワでは
長居出来る時間が限られているので
ここは、難しいわけで。


7月終盤の日雇いバイトで
「就職面接を受けてみませんか?」の
マネージャー様のボスからはいまだに
連絡がありません。(涙)



7月末に日本へ帰国されると聞いていたわけで、
今の段階で「どうなりましたか?」と
電話を入れる事は流石に躊躇してしまいます。


ここは、長いスタンスで考えて、
8月は日雇いバイトを数回でも入れてもらえたら、
臨時収入で何とかこうにか生活をつなぐ。


そして、スカウトされた会社に
こだわるわけではありませんが、
長いスタンスで考えて
就職を勝ち取りたい。と思うのですが
私の考えはやはり、甘いのでしょうか。


新卒の人でも就職活動は大変。
中年おばちゃんが、就職できるの?

その答えは、まだ自分の口では
言いたくありません。

ほんの少し前までの私と違って
諦めの悪い人間になっちゃったからでしょうね。



昨日は尋常じゃない暑さでした。
エアコンを使わないと
お部屋が35度になっていたせいでしょうか??
酸素が薄く感じました。



それとも私の精神的な弱さからでしょうか?
吐き気もしてくるほどの暑さで
フラフラになってきて。


玄関から脱出して、太陽さんに感謝しつつ
テクテク歩いて
本屋さんへ避難させて頂きました。


その後は、図書館へ。


図書館避難組は、
私が以前、ホームレスだった時に
よく見かけていたメンバーが揃っていた事に
ちょっと驚きを隠せませんでした。


でね。
昨日、本屋さんで立ち読んでいた本の中に
ちょっと今の私に負け惜しみなのか
勇気をもらえる本が何冊がありました。
又、読みたいと思ったので
こっそり表紙の写真撮ってきました。




これは、心が折れそうになったら
何度でも読みたいと思いました。
今の私には負け惜しみなんだと思いますが。
いつか日本を飛び出せたら、
この言葉を思い出して頑張る!

や、今日本なんだからまず日本で頑張れ私!



でね。
昨日私が最初に立ち読みした本。
やっと読めました。

この本は、元々
お二人のブロガーさんの紹介を読んで
絶対読みに行こう!と
企んでいました。
(本屋さん、出版社様ごめんなさい)


https://www.gw2.biz/entry/2019/07/27/180000



https://lizune.hatenablog.com/entry/puronohon



今の私には
雲の上のような人の本ですが、
サンリオ世代の私としては凄く興味深くて
必死で読んできました。


もしも私が経営者なら。(や、無いから)

もしも私が雇われている身なら。(遠い目)


どちらの目線でも読んでみました。(読んで良かったぁ)


何より
まだ若い女性の社長さんなので嬉しくなる。


サンリオ(商品もキャラクターも全て)が
本当に
好きな方なのだと思いました。

人が好き。

自分を大事に出来る人。


語彙の少ない私では、
あの本の読みどころや感想を
的確に完結には伝えられません。


ただ社長は学生の頃からサンリオに
関わっておられ、
結婚、出産を経て
今のお仕事をされていました。

「好き」を、「大好き」に出来る
行動力がカッコイイんです!


経営についてよりも
社長の全てについて興味深かったです。
ビジネス書だけれど
「人」として素敵な方だと感じました。




私は中学生の時に、
年齢をごまかして
サンリオ商品を扱うお店で
バイトをしていた事があった程
実は私もサンリオ好き。



私は、当時14歳。
アルバイトで、当時何が
楽しかったかというと、
ラッピング。



可愛い色のリボンをつけたり、
サンリオの
おまけ(今もあるのかな?)を
チョコンとトップに
つけるんです。


お客さんは私と同世代かもっと下の子。
みんな、喜んでくれるバイトでした。


本を読んでいて
思い出したのですが、
当時の時給が
480円だったような気がします(笑)


学校が終わってから2、3時間だけ。
土日はもう少し働いていました。


家へ帰りたくなかった、と
いう事もありましたが
お金をためて、大学へ行く。
同時に早く
家から出て行きたい為でした。


当時、もらったバイト代から、半分は
養父に取られていました。


今、怒ってもしょうがないですが
金太郎飴のようにどこを切っても
悪党な男ですね。
天国では会いたくないです。
ま、その話は置いとくとして。


高校生になってからのバイトでは
サンリオからは離れてしまいましたが
ずっと、
サンリオ製品も、お店も大好きでした。
今も好きなんですが、
おばちゃん気持ち悪い!とかは、
陰でそっと私に聴こえないように
言ってください(^。^)



当時を思い出しながら、
今の私の目標、これまで働いてきた
職場のこと、いろいろ思い出しながら
考え、想像をしながら読みました。

(買えなくてごめんなさい、出版社さん本屋さん。)



今日もまた暑いので家から涼しい図書館へ
避難中ですが、本への現実逃避ではなく、
今は何のプランもなく、行動あるのみだよ私!
と覚悟を決めて、
手当たり次第、派遣会社の仕事に
応募、しまくっています。

こうなったら、考えていても仕方がないので
短期も長期も含めて勢いあるのみです。


生きる為に、働く。

働く為に生きる。

生きている事で「夢」が叶う。

「夢」のために生きる。




自分でもよくわからない
スローガンを日々増やし減らししながら、
毎日、口にしています。
たぶん、ちょっとした1人宗教ちっくです。

(簡単に言うと、独り言の繰り返しです。)



今日は持ってきたおにぎりを口に入れて
また頑張って応募しまくるの巻きを
頑張ってます。
その合間にこれを書いているので
めちゃくちゃな文章だと
想像はしています。
読んでくださっている方々、
読み辛い中、
ありがとうございます。


毎日、働いて頑張っている人。
好きな事を仕事にしてお金を得てる人。
仕事ではなくても誰かを励ましたり応援している人。
誰かの為に頑張っている人。
自分や他人に愛情を沢山贈っている人。


みんなみんな、素敵です。


私も今日を全力で「生きる」。


生かされている気持ちが強いから、
きっと私は生きるって方向で
間違っていないんだと
考えています。



昨日、本屋さんで読んだ本。

「ありがとうの奇跡」という本。

宗教ぽいという気がしなかったでも無いけれど
無宗教の私が「うんうん。うんうん。」と
頭の中で納得出来た事がいっぱいあったから
読んだ時間は決して無駄にはならなかったと思う。


生きるとは、綺麗事では無いのです。
でもね、
綺麗事では無いけれど、
汚い生き方はしたくないのが私で。

生きたくても長く生きられない人達が
この世に存在している事、
生きられなかった人達の存在のこと。

絶対に忘れないように私はあるべき。


誰かに、「間違ってないよ」と
言われても、
「間違ってるよ」と
言われても、

今日だけは「生きてみる」に集中する。


迷子にならないように歩く。


謙虚に。
そして感謝心を持って。


天国でいつか笑顔で再会すると決めてる
犬くんを毎日どの瞬間でも想って。


それだけで私、結構幸せだと思う。