私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

元ホームレスとして伝えたい事(第四弾)

f:id:ecoplace:20190708220837j:plain


外国人について。



「国内で働いてくださっている人達」という

上から目線言葉がご理解頂けるでしょうか。
日本へ来る外国人の彼らは、
自らの意思で日本を選び、働く覚悟を持ってきています。
日本人の為に「働いて下さってる」わけではありません。



働条件が過酷な人もいれば、
自分で判断して日本で平和に働いている外国人も沢山います。
この会話の中には「奴隷」という言葉が多く出てきます。




そして、「日本人が日本で働くうえで
長時間労働、低賃金、サービス残業をしているのに、なぜこれ以上、入管法を成立させてまで外国人を日本に入れるのか?」

これを聞くと、外国人を入国させてあげたいのか、させたくないのか?
理解に苦しみます。




純に聞くと、
外国人が日本に大勢くるから、
日本人の仕事環境が悪くなっていますとも受け取れる。
外国人だからどうとか、日本人だからどうという事ではなく、
仕事をするにあたり、雇う側が無茶苦茶な契約をしないように
取り締まる事でこれは解決出来ると思うのです。



外国人を自分の暮らす国へ入れない方法
(排除)を考え出すのはまるでアメリカのトランプさんを意識しているとしか感じないのは私だけでしょうか。





島の原発についても
強く言い続けています。
いの一番に最初に慌てて日本を出国した理由は、
「日本の国が事実を公表しなかったからだ」と言い続けていました。




私の福島の知人達の中には、「食」に関わる人達もいます。
風評被害という言葉どおり、
福島の放射能アピールをどれだけしたら気が済むんだ!と、
怒っておられる方もいらっしゃいます。
現実を考えると、日本で食品を口にする時、
それは自分の判断と責任になっています。
選挙演説で、放射能について、原発を反対、
それは自由だが実際に暮らしている人間がいる事を
全く無視してもらっては困る。
これは、今年に入ってから福島の人から直接聞いた言葉。
農家へ来てパフォーマンスをするなら、福島の風評被害を
潰してもらいたい。これがご意見でした。




島原発運動で出会った女性が妊娠した時も
子供さんは認知こそしたものの、
責任はそれだけ?子供さんへの責任、
出産した女性の人生設計がくるったかもしれない事への責任はどうなったのかは一切、表へ出しません。
放射能が将来、子供達にどれほど大きな問題を
起こすかわからない!と怒り狂った
パフォーマンスをしていたにも関わらず
ご自分のお子さんを作ってしまうというのは
無責任ではありませんか?
言ってる事と行動がいつも何年たっても
バラバラです。



昔から「女性」への視が目立つ人でした。

私の知り合いが間にいなかったら、
間違っても知り合いでは無かったと言えます。
だから、私も同罪です。
人をステータスで判断し、
自分に自信がなかった1人なのです。



TVが送を含め、なぜ取り上げないか?
それは周囲にいる人達が1番の理由です。
ご存知の方も多いと思いますが、ごく最近、
芸人さん達が、反社会的な人達との
関わりがあったと判断されTV業界ではそれまでの映像を消されたり、
急遽違う人への差し替えなどで対応に追われています。



裏で動いているTV業界の人間達(末端のスタッフ達)が、
どれほど過酷(睡眠時間ほぼなし、休みなし)で働いているか?
知る人ぞ知る。だと思います。




自身の日常が少しずつ変わってきたのは
福島へのボランティアがきっかけになりました。
都内も被爆が懸念され言われていた震災直後から
私は、自分の車に食料、日用品を詰められるだけ詰めて
ガソリンと共に行きました。



あの時の光景が今でも目にはっきりと残っています。
運転しながら涙が止まりませんでした。
震が続く中で、自分が出来る事を
探す、模索する、大きなお世話はしない、
取り残された動物を探す事、人として出来る事をする。
これが私のボランティアでした。


料やガソリンを考えて、都内へ戻る、行くを
しばらく繰り返していました。
その後、現地の方々との交流や生活の変化を
教えてもらうたびに感激しました。
まだ学生だった人が社会人になり、
独身だった人が結婚して親になったとか、
そういう知らせが届くたびに、感動を頂いていました。



私はパフォーマーでも政治家でもありません。
TVにうつしてほしいとは思いません。
る事で、人を助ける力が倍になるとしても
それは、長続きする力では無いという事を
知っています。




なりの表現がここで
出来るかどうかは、正直いうと自信がありません。
ただの悪口のように受け取られてしまう事も
考えました。

それでも、今の私が大事だと思う人達とは
このブログを読んで下さっている方々全員なのです。



フリエイトとかPV稼ぎとか、
そういう理由でこれを書いたわけではありません。


1人が読んで頂いて、その人が身近にいる誰かに
伝わって、一緒に考えて頂く時の材料になれば。
そう思っています。



日本は、確かに貧富の差が大きく、
生きづらい国です。
でも、屋根があって蛇口があって飲み水があって
大半の人は幸せな暮らしだと思います。



飲み子を抱えてホームレスになった女性が
いましたが、それは国のせいではありません。
シングルマザーとホームレスという言葉が一人歩きして
ほしくは無いのです。

私がホームレスになった理由とは
訳も事情も状況も違うでしょうが、
妊娠していた時期から出産するまでの間に
自分の子供がホームレス生活に
ならないように考える事は、
母親として方法はあったと思います。



ングルマザーが皆、困っていて
皆、自立できない人ばかりではありません。
そういう偏見や認識だけが社会で広まってはほしくありません。
確かに日本では、社会的に弱者です。
ただ、負を武器に社会に訴えかけるのは
子供達の世代に負の連鎖を持ち越し兼ねないと
私は考えます。



分達が貧困だったのは、国のせいだと
子供達に植え付けていては
将来の日本に本当の意味での笑顔は
生まれてこないと思うのです。

何かのせいにしていると、
いつまでも、その場から身動きが取れません。
前へ進む為には、自分に自信を持って
何かのせいにしないで、歩き続ける事だと
私は今、感じています。



治家は私達国民が選ぶ1人です。
政治家の全ての人が私のことを知っているわけではありません。

私もまた、本当の事は知りません。

私は何かに期待するとしたら、
「自分」に期待をしたいです。
その事にエネルギーを使いたいのです。

政治家に自分の人生をけようとは
考えられません。
日本人として、選挙へは行きます。
これは責任です。



ただ、結果がどうであれ
自分の日常の責任は、「自分」にあります。



ームレスという経験をしていなかったら
私もシングルマザーで大変だった事を
国や政府のせいにして恨み節を言い続け、
自分に自信など持てない人生を過ごしていく
人間になっていたかもしれません。
ホームレスになった時に、助けてくれなかったと
涙し怒り怒鳴り続けていたかもしれません。


が幸せだと思う事は、
このブログを書かせて頂いたおかげで、
色々な「幸せ」と出会えました。
人はお金で買えません。
私のブログを読んで下さっている方々との
ご縁は、私の自慢です。
宝物です。



から、これからもきっと
下手な文章と迷惑な長文で
感謝の気持ちを伝え続けると思います。

私は、ホームレスの経験をした時も
犬くんが天国へ行ってしまった時も、
絶望を感じました。





孤独で自死が頭から離れませんでした。
不安で苦しくて倒れてばかりでした。
そんな私を救って下さる方々と出逢えるなど
夢にも思っていませんでした。




分で書きながらも、よくわからない文章です。
それなのに、貴重な時間を頂いて、読んで頂ける事、
こんなに沢山の方と出逢えるなんて
私は何て幸せ者だろうと、
毎日のように想い、感じています。






今の私には夢や目標があります。
そんな私になれたのは、
ブログを通じて応援してくださる方が
ここで私と一緒に付き添って下さって
いるからです。
だから、人を利用したり
誰かの足を蹴落として自分だけが幸せに
なろうと私は思えないのです。



最後まで読んで頂き、心から感謝です。ありがとうございます。