私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

元ホームレスとして伝えたい事(第三弾)

f:id:ecoplace:20190708220814j:plain

言葉(文章)は不思議なもので、
語尾の端々にその人を現しています。


離滅裂な(人)の事を、
このごく一部抜粋の中から
感じて頂けたでしょうか?
話が飛んでしまう文章を私も
よく書いているので
他人に対して生意気な事は言えません。
ただ、嘘はこれまでもこれからも書きません。



は、外国から日本へ来て暮らしている知り合いが多くなりました。
彼らは、「どこから来たの?」と日本人はいきなり聞く人が多いと言います。
ある程度仲良くなって、
「出身はどこなの?」と聞かれるのとは
全く受け取る側の気持ちが違います。



の文字起こしで(話した人)については、
心の底から理解に苦しみます。

外国人を想っての言葉なのか?
日本人を想っての言葉なのか?
両方を想っての言葉なのか?
世界から観られる日本を想っての言葉なのか?
政治という世界で自分が生き残る為の作戦なのか?



直言えば、一緒に戦おうと思ってくれた方々に
長く考えさせる時間の猶予を与えずに
まるで「勧誘」していた事について
腹立たしくさえ感じます。
純粋に立ち上がった人達だとすれば尚更です。



からこの人の言葉はブレブレです。
少なくとも私はそう感じていました。
実際にお会いした事のある人や、
長い付き合いのある人なら
知っているはずです。




が圧力をかけて?TV局がこぞって
放送しない訳ではありません。
TV局(民法)にはスポンサーが必要です。
反社会的集団に関わりのある人達を
出演させる、取り上げる、
それはモラル違反であり
放送規定から逸れてしまうのです。
だから放送したり出演させてもらえないのです。



TV局も国の言いなりになるばかりではありません。
確かに昔に比べれば動きづらくなったという人も多いです。
でも、彼らもそれで対価を頂いて生きているのです。
最終的な判断をするのは、各TV局やスポンサーです。企業もまた同様です。



これを話した人は、
私がホームレスになり困り果てた時に、
相談した人の中の1人です。
過去に女性に力、暴言を言い続け
離婚した経験もあります。
私が最も嫌いなDVです。
それでもすがる想いで相談をしました。
それは私の大きな間違いでした。




もっと昔には、無理やり女性を暴行した事を
社会的集団を使って、もみけした人です。
その事について周囲の人や本人から聞いた事がありました。
「若気の至り」と笑っていました。
え?それで解決したと本気で思ってるの?と
思いました。



を血迷って私はあんな人に相談をしたりしたのだろうか?
後悔しか残っていません。

一生、顔を合わせたくありません。
視たくもありません。






の顔を改めて視て、これがこの人の
「人」としての本質で
変わらないのだと
思いました。

その後、変わろうとしたかどうか?



だった人は
居場所を隠し、離婚をしました。
それでも、彼は自分を守るために動いていました。
離婚後に見つけ出して女性に書かせたのは
一切言及をしないようにという念書です。
これこそが「自身だけ保守」したい人のする事です。


第四弾へ続く