私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

あなたの身分とは?

f:id:ecoplace:20190526121138j:plain

身分証明書について

マイナンバーというものが始まり何年めなのかわかりませんが


例えば私のようにDVから逃げている人間にとっては,


面倒という意識しかありません。


なぜなら、


このシステムのせいで簡単に居場所が知られてしまうシステムが現実にあるからです。


元夫や元妻が年金事務所で働いていたとしたら?


職権でマイナンバーが見れる職業だったとしたら?

つまり私はマイナンバーについて


プライバシーの保護など一切信じていません。



マイナンバーのCMはこれまでも何度かありました。

そして今また新しいCMがある事を知りました。


それを目にしてしまい、やっぱりどうしても疑問しか残らないの事と


不快でしか無い事から少しだけ私見として書かせてください。




身分証明書の「身分」という言葉

日本には大昔の大昔、そのまた大昔。


「士農工商」という言葉があった事を


誰もが教科書で習ったと思います。


私は習った頃から悲しい言葉だと心で思い大嫌いでした。




子供の頃から私には「身分」があったからだと思います。

そして今も私は「身分」という言葉が大嫌いです。


「身分」を証明する物にマイナンバーという CMを見て何か思いませんか?

日本で暮らしている場合、


何かにつけ「身分証明書」が必要と言われる。

そもそも今の時代に「身分」という言葉は美しい単語ですか?


アレルギーを起こしているのは私だけですか?


出来るだけ言葉をシンプルに受け取りたいとは思いますが


「私」を証明する?


それとも「身分」
を証明する?


「どちらですか?」と考えてしまうのです。



CMの力は思っている以上に、影響が強い事を知ってほしいです。


それは、子供から大人までが対象です。




マイナンバーをそこまでして国民に使って貰いたいのなら、


「個人」を証明する証明書という日本語に変えてほしい。

「身分」を証明する証明書という言い方には不快以外ありません。

今の大人がこの「身分」という言葉を日々使いながら生活していると、


これから成長していく子供がその言葉をいずれまた使う将来が来る事は想像できます。

マイナンバーというなら、


「個人番号」
とそのまま言い換えたら良いのでは?


なんでもカタカナにする発想が嫌い。


私は、昭和の時代に「おまえの身分で〜〜」という言葉を何度も使われた記憶があります。


さらに、平成の時代にも「おまえの身分は〜〜〜」という言葉を言われた記憶があります。

そして今年から新しく令和の時代が始まる。


それなのにいまだに「身分」という言葉が


あたりまえに使われている事に大きく拒否反応を起こします。

それはもしかすると私だけなのかもしれません。

ただ、「身分」という言葉、単語、


これに疑問をそろそろ日本国内で持ってみませんか?


ほんの少しで構いません。


「身分」という言葉が日本語として美しいのか


もしも、


日本語を母国語としない人にこの単語の意味を聞かれたら?


何と説明しますか?



自分の経験からこの言葉を他人にも自分にも使いません。

「個人」として、「人」として生きれば良いと思うのです。


自分に「身分」をつける理由は無いと思うのです。


マイナンバーは、全ての仕事を少しでも楽にするためや、


不正をなくす為などから始まったのかもしれません。

私のようにDVから逃げている人。何らかの理由で居場所を隠している人達にとっては不便で爆弾のようなシステムです。


私はマイナンバーカードを今も受け取っていません。

もちろん、割り振り当てられているので私にもマイナンバーがあります。


でも、どうしてもこうしても必要な書類でなければ


住民票には入れない事にしています。


見てもその時番号が入っているかの確認をするだけで

それ以上は見もしませんし覚えてもいません。

こんなものが出来たばかりに私の場合、


警察署に行き証明書を取る必要があります。


被害者なのに、警察へ行きDVで居場所を隠している事の証明を取る必要があるのです。


思い出したくもない過去を一から説明し、対象者の名前を思い出す必要があります。

そしてやっとの思いで、


その証明書を持って区役所へ行く事になります。

私はどちらへも行っていませんけど。

何か「身分証明書」をお願いします。と言われたら、


私の場合、免許証かパスポートを出します。


保険証には顔写真がありませんので、威力が弱いそうです。

私は変なこだわりが強過ぎるのかもしれません。


ただ、ここは譲れません。


この先の私の人生で「身分」という美しくない言葉を使いたくないからです。


マイナンバーのCM。

物凄く不快な気持ちになります。


新しいCMにはお年寄り達を起用しているのも悲しくなります。


これから成長していく子供達が「身分」という言葉ではなく


「個人証明書」という言葉を使う将来が日本にありますように。

心から願うばかりです。