私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

無垢と無

f:id:ecoplace:20190422193815j:plain

「無」と「無垢」



無垢とは。
仏語

執着などの煩悩がなく清浄であること。
けがれなく純真なこと。
心身が汚れていないこと。
うぶで世間ずれしていないこと。
全くまじりもののない事。
和服で、表浦を同色の無地で仕立てた長着。婚礼衣装の白無垢など。
(心をけがす垢(貪・瞋・痴)のない意) 仏語。
煩悩のないこと。また、そのさま。

無とは。

何もないこと。存在しないこと。「―から有を生ずる」
哲学の用語。
存在の否定・欠如。特定の存在がないこと。また、存在そのものがないこと。
一切の有無の対立を超え、それらの存立の基盤となる絶対的な無。
禅宗で、経験・知識を得る以前の純粋な意識。「―の境地」

名詞に付いて、そのものが存在しないこと、その状態がないことの意を表す。



実は。


なぜこの2つの意味を調べてここに書き出したのかを忘れてしまった。

「無からは何も生じない」という言葉を


ふと思い出したのが最初だった気がする。

" from nothing nothing comes"というのは英語の言い方です。

ラテン語では " ex nihilo, nihil fit "と言うそうです。


私は言えません、読めません。

私が結婚していた人やその家族からいつも言われていた言葉の中に


「女らしくしろ。純真無垢な女が当たり前」


「おまえは何も出来ないのだから存在していないのも同然」


こんな言葉をふと思い出した。

もう30年近く前に言われていた言葉の意味を


わざわざ詳しく調べてみる私も何だけれど

きっと今の私は、


あの頃に言われていた言葉についてどうでもよくなったのだと思う。

それでね、調べてみたら「無」という言葉も「無垢」という言葉も意外に


奥が深かった。

つまり。


私の元夫や元婚家の家の人達は知識が無く言っていたのだと知った。

特にネットで「無」と調べてみたら想像以上に多くの意味が出てきて、


言葉の由来や宗教的な事、哲学的な事などに繋がった。


これが意外にも面白いのですよね。

それらを読むだけで何日も使ってしまった。


勿論寝たり食事をしたり仕事はちゃんと行っていましたょ。

結果、私なりに色々考え想い自分だけの解釈で解決した。


今の私は


純真無垢では無い。


「無」でも無い。

なぜなら私にはこれまで生きてきた中でいっぱい色がついているから真っ白では無いのです。


そして、私は間違いなくここに今存在していると感じるから「無」でもない。

ただ


私の心はずっと綺麗でありたいと願う事が「無垢」の意味。


そして今有る命を無駄にしないと誓う事。これが私が思う「無」

と言う事で、

私のトンチンカン頭辞書に入った「無」と「無垢」についての私の答え。


読んで頂いている方々、


トンチンカンな解釈と答えで、ごめんなさい。

さらにトンチンカンついでに書くと、


私は、「ニワトリが先か卵が先か」の思考も言葉も好きではありません。

普段から宗教的な思考も哲学的な思考も、全て私流に変えてしまいます。


自分の事を普段からつくづく変な人だと思います。

ほんのすこし前までの私は、このトンチンカンさが大嫌いでした。

そして最近、感じるようになった事は、


こういうトンチンカンさで誰かに迷惑をかけてしまったり、


要領の悪い生き方ばかりだけれど


私なりに理由はどうであれ


頑張って生きようとしている事だけは素敵なんじゃない?


あれ?私、結構強くなれてるんじゃない?


って思うようになってる。

近頃故障中のロボットみたいな身体の不自由さになってから


ほんの少しだけ自分の一部を好きだと思えるようになった気がする。

それまでは私を100だとしたら、100嫌いだった。

今は、私の「1」が好きです。

凄くないですか?

つまり「ゼロ」だった私が「1」に増えたのです。


いつか「2」になり、「3」になっていく日が来ると信じてみたいのです。


その日が来たら、私を支え応援して励まして下さった方々に


その姿を見てもらいたい!


それが私の出来る唯一恩人への恩返しだと思うから。

元々健康で元気な人がある日突然


病気になったり、体に不自由さが出たりすると


メンタルが真っ暗になり絶望感の中に入り込んでしまうかもしれません。


それまで大好きだった自分を否定する人がいるかもしれません。


でも、不運と幸がいつも共同生活しているような私の人生は、


元々自分が大嫌いで否定的、マイナス思考な人間だからでしょうか。


もうこれ以上はマイナスにならないねとポジティブに考え思えるのです。

つまり、


プラスになる他にないという事です。


まだ始まったばかりだけれど、


自分だけで実験が始まってる。


今後私がどう変わっていくのか。

純真無垢でも無でも良いのです。


きっと私にとってはこれからも


ただ前へ向かって歩き続ける為の理由が欲しいだけかもしれません。

たまにフリーズしたり、故障したり立ち止まって道に迷う事もあります。


それは生きている為に大事な時間だと思います。

最近、体の痒みと痛みで


心が折れそうになる瞬間があります。

そういう時にこそ、上手く自分のトンチンカン頭を活用して自己流解決する実験です。

最近不思議と


シンプルな事をあえて哲学的に難しく考えると、難しすぎて笑えます。


笑うとどうでもよくなって頭がリセットされる事があります。

私は空気も人の気持ちも先も読めないばかりに、


物事をややこしくしてしまって自分で自分の首を絞める事が多いのです。


自分でも面倒くさくなるほどに。


私が出来る事は強く生きる為にこのトンチンカンさを
プラスに活かす事こそが私の出した
無垢と無の応え。