私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

自己紹介(元有名企業で働いていた事)

f:id:ecoplace:20190411012439j:plain

有名企業を辞めましたと名乗る人について考えてみました。



時々見かけませんか?


ブログやTwitter やnoteなどの自己紹介に


様々な(有名企業)辞めましたと


書いている人。

確かに自己紹介って大事なのかもしれません。

ただ、有名企業を退職した事をドヤ顔的な紹介が必要?

つまり、それだけの有名企業を辞めれた●●〜


というだけの自慢にも受け取れます。

もしくは、


「えーもったいない!」


「あんなに凄い有名企業をあっさり辞めてしまうなんて。」

そう言われる(たい)事が前提なのかな。

意地悪でヒガミに近い受け取り方をしてしまいたくなります。

もしくは純粋にその自己紹介を見ると、


「だからなに?」って私は思う。


辞めた有名な会社の名前を借りて


その後の人生を生きいこうとしているようにしか見えない。

これから何をするのかが大事なのに、


元有名企業で働いていた事はそんなに役立つのでしょうか?

もしそれが事実だとしたら、そこらへん中に凄い人だらけです。

こんなホームレス経験者の私ですら


敢えて過去で良ければ、有名企業で働いていた事があります。

でも全く何の自慢にもならないし、


自己紹介で言う事じゃないって思ってる。

確かに仕事をする上では、


学歴も職歴も一生付いてまわるものだから最低限のアテンドは必要な時もある。


ただ、誰かを「人」として判断する時に、学歴や職歴で判断する?

私はブログの自己紹介欄に、


養父から性虐待を受けていました。


DVを受けて子供と逃げました。


自己破産をしました。


ホームレスを経験しました。

パッと見ただけで、


私の悪い思い出が自己紹介になってるでは無いですか!

じゃ、もしも!


私が自慢できるような過去を自己紹介欄に変更すると何だろう?


無理矢理、考えてみました。

「人を産み育てました!」


「愛する犬くんを最期まで看取る事が出来ました。」

どんなに考えても考えてもこれ以上思いつかない。


誰もが知っているような企業で働いていた頃の自分の事を


自己紹介に書こうとすると、体がフリーズする。

つまり、自慢ではなく


私の口からお伝え出来るような過去では無かったって事です。


だからと言って・・・・


今、私がブログに書いてある自己紹介が自慢出来るものだったか?


それは、そうではありません。

他人は、その人の自己紹介を見たり聞いたりする時、


どんな事を知りたいと思うでしょうか?

私の場合は、自分のダメダメなところから


相手に知ってもらいたいと思う事が多いです。


そして、他人に対しても同じく


ダメダメなところを見つけようとしてしまいます。


あ〜ぁ、なんか嫌なおばちゃんですよね。^^

ただ思うのです。


始めから、自他共にダメダメなところを知っていると、


その人の素敵なところや、尊敬できるところ、信頼できるところが


あっさりと見つけられるんです。


その新しい発見に感動する事が嬉しいのです。

例えがおかしいのですが、


私の中では、犬を家族に迎えた時に少し似ているのです。


「うわぁー、持病がある、躾も1からだ。


「ちっとも言う事聞かない。ダメダメだぁ。」

でもそうこうしているうち、


「あれれ?こんなに可愛いところ発見!」


「頭の良いところを見つけたよ!」な感じになるのです。

その後はもう良いところしか見えません。


それが、人間にピタリと当てはまってくるのです。

例えば・・・・残念賞なのは。

育った経歴は申し分ない家庭で


家族に愛されて育ったらしい?

有名大学出身、有名企業出身。

「で??」と蓋を開くと、あれよこれよと


ダメダメなところばかりが目に飛び込んで来たり


耳に入ってきたりした事がこれまでの人生で多々ありました。

私が相手を知りたいと思った時は、


まずその人の欠点や困っていたであろう事を知った上で


その後、少しずつその人の良さや素晴らしさを


沢山見つける人でありたい。

私はそう考えるのです。


性格が歪んでいるのかもしれませんね?!


様々なブログを辿っていく時に


「●●株式会社を辞めて●●になりました」って箇所があると


その人の中身、最後がほぼ見えた気がして、


残念賞なブログに辿り着いた・・・・


そこで閉じて終わりです。

むしろ、


色々読んでいくうちに、


人の為になる事を誠心誠意されておられる方なのだなとか


実はこの方は有名な企業で一生懸命に働いておられたんだなとか


有名な大学で研究をされておられた方なのだとか。


決して楽しいとは言えない仕事でも一生懸命に頑張っておられるのだなぁとか。


さり気ない箇所でわかった時のほうが数百倍感動します。

CMのコピーのようなブログも


広告業界から飛び出てきたような自己紹介と題名の方。


意外に多いです。


あとは「社長」と名乗る方。


これも意外と多いですよね。


この肩書き必要ですか?と突っ込んで閉じてしまう。

私は元々食わず嫌いな性格という事もあって、


もし肩書きをどうしても書きたい人がいたとして、


う〜ん・・・「係長」とか「部長」だったら是非読んでみたい!


個人的にはそう思います。


変わり者だって事でお許しくださいませ。

私の今の職場での肩書きは「レジ」担当者です。

転職活動中ですが。
プライベートでは、


屋根とトイレお風呂付、玄関付きの家で1人で暮らしています。

こんな私ですが、


これからの私に興味を持ち続けて頂けたら見守って頂けたら物凄く嬉しいです。