私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

1億円お年玉キャンペーンRTが終わった今。

f:id:ecoplace:20190110131857j:plain




ZOZO前澤さんの1億円お年玉キャンペーンRTが終わってから





ある方がこの行動について「違和感」という言葉と


「抽象的な出来事」だったと書いているのを読んだ。





その人は昔からいつも「何か」に物申す人。






本当はいつも自分が目立っていたいと感じさせる人。







私は、その人の「信者達」に違和感を感じて10年が過ぎた1人。


ぁ、ちなみに今日は、ここでその人の話題を多くしようとは思っていない。







で、何かと言うと「100万円お年玉を100人へ」の感想について


率直に私の想いを書こうと思います。





前澤さんが取った事に善悪判断は人それぞれの感想だとしても、



私は今の「日本」にいかに夢が少なく「貧困」が現実にあると証明出来たと思う。






前澤さんの取った100人に100万円お年玉のRTが、


仮にお金持ちの人のお遊びだったとしても、


本当に純粋にお年玉としたかったのだとしても、


会社のCM代として考えれば安いものだと計算があったとしても、


そんな理由などどうでも良く、



仮にこれが1万円でも10万円でも50万円だったとしても


多くの人がRTしたのでは無いかと思う。





今月の1万円、2万円レベルで頭を抱えている私などは、「100万円」


年収レベルの大金です。






私は、ここでブログを書き出すまでは


他人からお金を借りる事や頂く事、


見ず知らずの方から物を頂いたりする事は、


「恥」だと思って生きてきました。





日本には、「乞食」こつじきという言葉があり、


差別用語として、放送禁止用語に、なっています。






今の若い世代の方々は見た事もないでしょうが、


私が幼い頃には、道で座ってお金を乞う人が


場所によっては、結構いたように思います。




今では道で寝起きをする人はいても、お金を乞う人は見た事がありません。






数年前ですが、


道でコップを置き、「お年玉をこのカップに入れてください」というのを


ネットで自分を動画中継していて逮捕されたという事がありました。







私は日本国憲法の全てを正確に知っているわけではありませんが


軽犯罪法1条に


「こじきをし、又(また)はこじきをさせた者」を「拘留又は科料に処すことができる」

というのがあるそうです。




これに関係していると思われる憲法で、


国民の「勤労の義務」が定められています。





ちなみにこれは、生活保護を受ける際に必ず1度は言われる言葉と言っても間違いではありません。



当然と言えば当然の憲法なのでしょうが、



病気や障害で働けない人でもこれを言われます。



その時の絶望感は味わった人だけが知っています。







自分の生活資金や遊興に使うためにお金を集める行為は物乞いとみなされ、違法になります。


確かに、遊興費はアウトでしょ!というのは理解出来ますけどね!!




憲法。わかるような、わからないような言い回し。








少し話が逸れてしまうかもしれませんが、



私はブログを初めてから



「必要なものリスト」


というものを作りました。



多くの人が「欲しいものリスト」というものを作っておられる事を知りました。





見ず知らずの方から「物」(お金)を頂く事について、


躊躇が無かったか?と聞かれたら、


「躊躇しました」と答えます。




ただ。

私の場合、



「助けてください」
の気持ちが勝ったのです。





自分だけでは無理だ。「助けて下さい」の気持ちが勝ってから作らせて頂いた。





そして、私は本当に助けられました。





その喜びや感謝の気持ちというのは、これまでの私の人生で味わった事の無い



感動と喜びです。





地下10階で、ただ泣いていたはずがある日突然



富士山を登った上に、エベレスト登頂出来た程の喜びを与えられたレベルの感動です。





私の場合は、


他人である人達から助けて頂いた事によって、


強く生きていこうと思える「力」になったのです。






「助けてください」「もう無理です」「ありがとう」「感謝の気持ち」


その気持ちの全てが



「精一杯生きよう」
に繋がりました。



この気持ちは、ブログを書いていなかったら生まれなかった程の感情です。






私自身がホームレスを経験した事から、



夏は涼しく、冬は暖かい場所が欲しい。



その当たり前にあった事が失われたら、人がどうなってしまうのか?





そして、



人からの温かさを知った人間(動物)が、その後どのくらい人生観が変わっていくかを



多くの人に味わってほしいし、感じられる国になったら良いのにって思う。








私も1日も早く、金品だけではなく



温かさをシェア出来るような暮らし(人)になりたいと心から思う。






「お年玉」の持つ意味の中に、



親が子供から教わる事が多くて1年の始まりに



「ありがとう」という感謝の気持ちが込められていても良いと



個人的には思う。






前澤さんは、「何か」に想いやお礼が込められていたようにも今は感じる。





人が感じる寂しさや感謝行動は皆違ってるから。