私の裁判

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

レミゼラブルと過去

f:id:ecoplace:20190107021106j:plain



「レミゼラブル」という題名だったから


うっかりTVを最初から最後まで観てしまった。




原作のレミゼラブルと何が被ったのか?はまだ考え中。






〜TVの放送を観ていて思った事を書き留めるの巻〜





人を憎む事で、自分の過去から逃げる、


自分から逃げて生きる事になる




という言葉が



TVドラマの中で出てきた時、思わずハッとした。




なぜなら私もごく最近までそういう人間として生きていたから。





でもね、


結果的には、過去の何かを恨んだり、


自分から一生逃げたり目を逸らして生きていると


真っ直ぐ前は見えないという事に気付いたんだよね。




あ、これは、私自身だけではなくTVドラマの主人公も気付いたんだよね。






子供の頃から、何度かレミゼラブルを読んだ記憶がある。


その度に、感想が違っていたように思う。






私が2018年の1年の間に多くの事を実感出来た中の1つ。





過去に生きないという事について今年に入ってからも書いた。



↓(下記はお時間のある方に読んで頂けると有難いです。)


www.ecoplace0.com







私が両親から愛されなかった事。


義父からの性虐待について。


実母が助けてはくれなかった事について。


元夫からのDV。


海外生活での人種差別を受けた経験。



精神を患ってしまった事。


発達障害がある事。






もしも、私に障害がなければとか、


仮に精神を患ってしまったのを


私に関わった彼らのせいにしたとしても、


「今」が劇的に変わる事はなく、


過去をクリアに忘れる事は無い。




何しろ、


忘れたいと思う事自体が苦しく


とんでもなくエネルギーを使うのだから。




だから、2019年は「今日」の事をちゃんとこなせるようにする。


寝る、食べるを繰り返せる、最低限仕事が出来て、住む場所がある。




極端で不安定に聞こえるかもしれないけれど、



まずは、この3つだけに的を絞って、



健康な心身を少しずつ作れたらと考えた。





2017年は、ホームレスだった。


2018年は、ありえない程、私にとっては悲しい事があった。



だから。


だから2019年は、この3つが最低限は出来る生活をしようと決めた。




一般論で考えられたら、


「え?」って言われるかもしれない。



これって当たり前に出来ている事だと思うから。




私にとっては、「明日」の事を「今日」考えるだけで生き辛くて


自分で首を絞めてしまいたくなる。




過去に生きないというのは、そもそも、そういう事では無いと理解しているけれど


まずは、辛かった過去に執着して生きない事。


「何か」を理由にして恨みつらみを考えない事。





目覚めてから寝るまでが「今日」で「今」だと考える事。



「明日」の事は、目覚めてからがスタートだから



眠る前にあれこれシュミレーションしない事。




逃げ出したくなったら、


「あと30分だけここで頑張る!」と口にする事。

(これが正解かはわかりません。ただこれは私の実験段階として成功していると思われます)




私の場合、「精神障害者枠」では働いてはいませんが、


自分が気付いたり、誰かに教えられたり、ヒントを頂いたり


自分で理解して納得ができたら、


騙されたと思って試す。



結果、道で下を見て歩く事がなくなりました。


目には見えない「自信」が少しずつ増えているのかもしれません。





私の場合、このブログを通じて気づく事、教わる事が多かったのは


「運」を使い果たしてしまったかという程、ラッキーだったと思っています。




もしも、孤独な1人だったら今日のこの「今」、気持ちを文章にして書いていなかったと断言できます。






私は機能不全家族に育ち、人の温かさを理解できませんでした。



自分の子供に対しても、自分が受けたかった愛情を



一方方向からぶつけていたように思います。



性虐待被害も、


DV被害も、


私は被害者だと一生言って


1人で考えて苦しんで、


怒りと悲しみの中、生きてしまうところでした。






被害者が負の連鎖を生む事を私は長い間、気づきませんでした。


それは自他方向共にです。




上手く私は表現する事も言葉にする事も出来ませんが、


これからも、


ここで多くの人と繋がっていたいと心の底から望んでいます。



生きていくために、良いヒントを与え助け励ましてくれる人ばかりではありません。




中には、酷い事を言う人もいます。


そういう時は、悲しくて暗い井戸の底へ突き落とされたような気持ちにもなります。


でも、


私は、今日あった事を「今日」で終わるという気持ちに


切り替えてから、眠って起きると悲しかった「昨日」はもう無いのです。



ある意味、物凄く自分に都合の良い生き方にかわってきました。


嬉しかった、良かったと思えた事だけは頭に残るのですから。




たまたま?私のブログを読んで頂く事になった方々がいたとして、



私のこのわかりずらい文章では上手く伝わらないかもしれませんが、



消えてしまいたいと思うほどの苦しみを抱えている人、


何に関しても無関心、信頼できないというような状況や状態になっている方。


どこを見て良いのかすらわからず途方にくれている方。


心身共に孤独で何らかの障害を持っている方。





これは全てほんの少し前の私です。


いつまたこんな状態になるか?と、考えるのはもうやめました。


なったら、その時に考えてみます。泣いてみます。笑ってみます。


と言う事で、


「何でもかかってこいーっ!」の精神で今日を終えて眠る事にします。