"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

女ホームレス経験者をなめんなよ!

f:id:ecoplace:20181206192214j:plain
info



私を全力で応援して下さった方々へご報告と言いますか、伝えたい事があります。




昨日、突然でしたが


「ママとは絶縁する」と宣言された娘から電話がかかってきました。


身体中の血が固まったように一瞬、体も固まりました。



「ママと絶縁するなんて言ってごめんなさい」


「娘として、1人の女性同士として、ママとしてまた行き来をさせてもらっていいですか?」


「ベイブ(娘が犬くんを呼ぶ時の言い方です)のお骨の前にお花を持って行ってもいい?」「謝りたい」と。




「又、ママの作ったごはんが食べたい」と。






娘は、


実はママのバイト先をこっそり何度か覗いていていたと言いました。


正直、娘がまさか覗いているとは思いもしませんでした。



そして、なぜ犬くんが亡くなった事を彼女は知っていたか?

もにょもにょした言葉でした。



何となくですが・・・・


私のブログかTwitterを見たのでは!?と感じました。






私がブログを書いている事も、Twitterを持っている事も、彼女は知りません。



もしかすると、犬くんが通っていた病院から聞いたのかもしれません。






彼女は、


「ママは新しいバイトもきっと1ヶ月も続かないだろうと思った」と。


「でも、ママはこれまでやった事ないのに、スーパーのレジで一生懸命に働いてるね。」





頑張っているのが遠くからでも伝わってきたよと言ってくれました。




そして、彼女は何度も何度も犬くんのことを泣きながら謝っていました。







「自分は人間が出来ていないばかりに、困っているママや犬くんを受け入れて助けられなかった。」



「2人を悲しませてしまって本当にごめんなさい。」





私は、「うんうん」しか涙が出てきて、言えませんでした。


普通の親ならば、親らしく、もっと何か適切な言葉があっただろうに。






正直言えば、



娘からは絶縁され、犬くんは天国へ旅立ち、



これからの余生をどんな風に生きていけば良いのか?


ただ、


犬くんから教えられた、


どんな事でも最後まで一生懸命に諦めずに頑張るという姿。



それだけを忘れずに、とにかく生きる。という3ヶ月を過ごしていました。



その間、何度も倒れては病院へ。を繰り返していましたが・・・・。




3回めの月命日を終え、


今月4回めの月命日がまた来るという前に、


まさか絶縁された娘から連絡があるとは思いもしていませんでした。





今の私は、まだまだですが過呼吸が出てパニックになる回数も減りつつあります。


明日のことを考えず、今日1日を無事に終える。どの瞬間も丁寧に過ごすだけ。






犬くんが天国へ旅立った日よりも、日に日に寂しさが強くなり、



何度も何度も自死が頭をよぎりました。



いつか、天国で会えるならば今すぐ会いたいと。




そんな時、私を大事に想ってくださる方が、教えて下さいました。



「自死をした人は、天国で会いたい人に会えないのよ」と。




それは困る・・・・・、


どうしてもまた犬くんに会いたい。





とにかく自死という選択肢はダメだ。と自分の中での結論になりました。





犬くんは、


目が見えなくなっても体が動かなくなっても、


一生懸命に生きていた全ての行動や


リアクション、表情、



彼は家族として、私に沢山のことを教えてくれました。






私は。


彼を見習わないと。


彼の生き様はこれまで出会った人達の中では、最強に格好いいと思ったから。





私に沢山のことを教えてくれた犬くん。


最期の最期まで伝えようとしてくれた恩人。



そして、これから強く生きる為のエネルギーや、知恵を一生懸命に

伝えようと支えてくれている恩人。



このブログを通じて、お会いする事も声を聞く事も無いまま


遠くからそっと私を応援して下さる人達。



私は何て幸せなのだろう。






心からそう思う。





今もこれからも


私にとっては恩人だけれど、そのことを重く感じないでもらえたら・・・・と思う。





犬くんが生前、私達の生活を全力で応援して下さったあしながおじさん。


犬くんが亡くなってからも、私の言葉をそっと支えてくださる温かさに甘えてばかり。


まだまだお礼は何も出来ていませんが、


私は、なんやかんやで、今ここで無事に生きています!


今も見てくれていますか??


あしながおじさんは、お元気ですか?幸せですか?


私達を見守って支えて下さった全てのことを忘れずにこれからも生きていきます。






実は昨日、


私の恩人が魔法の言葉を増やしてくれました。



これまでの人生の中で語彙の少ない私が口にした事の無い言葉です。



早速昨日、口にしてみました。




で。その魔法の言葉というのがこれです。




「なめんなよ!」




「やってやろうじゃないか!」



「女ホームレス経験者をなめんなよ」







不思議ですが。


棒読みしつつ、思わず笑いが声に出ました。





そう、笑ってしまう魔法の言葉です。





そして、



上手く説明の出来ない勇気が湧きました!




自分に障害がある事を忘れてしまうような


魔法の言葉です!!




私の恩人さんは、やっぱり素敵な人です。


本当に心から頭の下がる人。ありがとうを100万回言い続けても足らない人。



今、ここで私がブログを書けるのは、


恩人さんと、読んで頂ける方がここに居続けて下さるおかげなんです。





ある時、この場所で私がブログと称して続けるのは場違いなのかも。と伝えた時に


救いの言葉を伝えて下さいました。



ブログ=人の為になる情報=知恵だと思っていた私に


情報だけがブログではなく、私の経験が誰かの役にたつことだってあると。



書くのをやめようかと思っていた私を


あの時も、背中を支えて頂きながら上を向いて歩く事を教えて下さいました。






娘がひょっこりと、私や犬くんのところを訪ねてきた時に、


その時に小さな私の冷蔵庫にあるもので、彼女の好きな食事を作ってあげられるかな。




娘には娘なりに色々とおもうこともあるでしょうから


これまでどおり、私は私の暮らしを保ちたいと思いました。



生活の為という事もありますが、


まだしばらくはスーパーマーケットでレジワークを続けてみようかと思います。





来年からも、転職活動は続けますが、環境の劇的変化が多く続く事を


医師からは、あまり賛成では無いと言われました。




それよりは、


今ある環境の中で1つのことをきちんとこなせる達成感や



障害のことを職場の人に理解してもらって、


無理をしないで続ける事の方が


今後の私のためになると言われた事を重ねて考慮しつつ、


これからのこと、来年からの豊富などを書き綴りたいと思います。



ここを読んで下さっている方々、本当に本当に有難うございます。


私はなんやかんやで、ここでどうにかこうにか生きています。




魔法の言葉その2!!!


" 自分を信じて、失敗を恐れず 上を向いて生きるよー!!"