"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

(仮称)港区子ども家庭総合支援センター計画について

f:id:ecoplace:20181205210704j:plain
kateishien

(仮称)港区子ども家庭総合支援センター計画について。


突然ですが、私見です。




東京都港区の資料によると、総事業費100億円だそうです。

1Fが、「子ども家庭支援センター」

2Fが、「児童相談所」

3Fが、「子ども家庭支援センター・児童相談所」

4Fが、「母子生活支援施設」



そもそも、この施設の取り組みについての実態をどれだけの人が理解されているだろう??




TVでこの問題について放送されていた。



最も驚いたのは、


街頭インタビュー。




「なんでこんな施設を港区に作らなくちゃいけないの?」と

言ってる人の意見。



「青山でなくてもいいのでは?」


「港区の価値が下がるのでは?」


「1600円くらいするランチ単価のところ」






南青山の住人が反対しているので、


同じ港区内にある「田町」という場所に建設される可能性もあるらしく


田町周辺に暮らす住人は、「田町をバカにしている」


TVで堂々と言っていた人たちの


気持ちが私には、全くもって理解できない!






総工費が100億円かかる事に反対しているのではなく、


自分たちの暮らす場所に、問題のある子どもや家族の受け入れ施設が出来る事に


反対をしているのだ。






虐待されて保護される子供や、DVから逃れて来て一時保護される母子などは

貧困の中にいる人達ばかりでは無い。



裕福な家庭の子供でも、虐待は起こっているのです。




逆境にある子供達を1人でも助けようという人が少ない事に


がっかりな気持ちと、怒りと、悲しい気持ちになってTVを見ました。




私自身、

東京都は、偏りが強い街だと痛感しています。




この建設について、100億円をかけても


実質は、十数人しか保護出来ないとのことです。


「え?」ってなりませんか??






児童虐待が無くならないというのに、保護して助ける人も施設も足りていないから

辛い環境に置かれたままの子供達が無力なまま、日々過ごしているのかと思うと

心が痛みます。





この施設には、体育館も出来るそうなのですが、


虐待されたり、母子で逃げてきて身を隠さなくてはいけないはずの人達が


不特定多数の人達が出入りする場所に、果たして安心して過ごせるでしょうか?





「ネギを買うだけでも、紀伊国屋や行く場所で、母子で生活しなくてはいけない人達が

暮らすには、相応では無い」



と言っていた人がTVに映っていましたが、


「施設で暮らす人が、外へ買い物へ行く事はありませんから!」とTVに思わず突っ込みました。





母子で保護される人も虐待されて一時保護される子供達も、施設内で食事は出されます。




経験した人の方が少ないのですから、


勿論、わからないのは当然でしょうが、


まるで、汚いものがやってくるかのように言う人の神経は、無視できませんでした。







人を上から見下ろしている人ほど醜いものは無いですし、


残念でとても惨めな人達だと常に私は考えています。





自分には関係の無い事だとしても、自分ができる範囲の手助けを


なぜ思いつかないのでしょうか。





脱走可能な??刑務所ができるというわけではありません。






虐待された助けてという子供がいたら、どこの場所であろうと

みんなで守ってあげようとは思わないのですか??





幼い子供が真横にいるのに、「反対!」と言っている


インタビューに答えていた親子や


夫婦が同じ東京都で暮らしているのだと思うだけで、逆にゾッとしました。




虐待だけではありません。


身近な場所で

DVなどで、女性が子供と一緒に助けを求めていたり、


声が聞こえてきたら、そっと通報してあげて助けてあげてください。




それは、良い意味で余計なお世話に繋がります。




近所の子供が心配なら、通報していいんです!

通報してあげてください!




東京都は、私のようなホームレスになった女性は助けてはくれませんでしたが、


子供は助けると言うならば、徹底的に力を入れて頑張ってほしい。


これまで、1つも施設が無かった事から考えて、


きちんとした施設になるかは、疑問ですが良い方向へ機能しますように。