"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

毎年言ってたらごめんなさい

f:id:ecoplace:20180715024515j:plain27年前の7月5日


昨日は、娘の誕生日でした。




パソコンを開く事もTVを観ることもやめて、1日を過ごしました。


犬くんと家族2人でお祝いした♡



「お誕生日おめでとう」

「生まれてきてくれてありがとう」

「健康で素晴らしい人生が過ごせますように」







彼女の好きな食事を作って(たいしたものでは無いのですが)


ちっちゃなケーキを買ってきて。


おいしく頂きました。






27年前の7月5日は金曜日で大雨でした。

昨日のように大雨が降っていて、娘の生まれた京都では雷が鳴っていた。





7月2日から陣痛が始まり、ありえない2日間が過ぎ・・・・


7月4日が終わり0時が過ぎ・・・・午前2:45生まれてきてくれました。



だから7月5日がお誕生日。








病院の院長がアメリカで育った事もあって4th July アメリカ独立建国記念日が予定日とは素晴らしい!と言ってくれていた。



日付が変わったので、5日になってしまったけれど。




あの日から27年も前だなんて信じらない。





どうかお時間のある方、

27年も前の話にどうかお付き合い下さい(焦)
(毎年言ってたらごめんなさい)






陣痛が丸2日間続き、いよいよ帝王切開するしか。という段階が来ていて、


出産する時もツワリは終わらず、吐きながら必死だった。

(マタニティスイミングや軽い運動をしたほうが安産だなんて誰が言ったのー!嘘つきー!)


それでも、超難産でも帝王切開する事もなく、産まれてきてくれた。

(彼女は生まれる前から頑固だったという事だ)




産まれた瞬間に雷が近くで落ちる音に、かなりびっくりしたのを今でも覚えてる。


痛みやら、驚きやら、喜びやら、感動やら、もう顔がぐちゃぐちゃだったに違いない。






この間、TVでアンパンマンは生誕30年!と言っていて・・・・・


そうだ思い出した!!



彼女が1歳の時にアンパンマンビデオ(今はすっかり売られているものすら観なくなったVHSビデオ)を

一緒に見ていた気がする。




だとすると・・・・あの時、アンパンマンは3歳だったのか!!
(ま、そんなことはいいか・・・・)





27年後のママは頼りないながらも、何とか頑張ろうと必死で毎日過ごしています。


いつか肯定してもらえるようなママになっていたい。


道のりは長いような気がするけれど、

半歩ずつでも前へ進もうとしていて、

それでも転びそうなママを

支えてくれる人達のおかげで、どうにかこうにか

犬くんと一緒に過ごしています。






私よりも一生懸命に頑張っている娘の毎日が、

安全で、健康に過ごせるように心から24時間願いました。





屋根は違っていても、私達家族3人は同じ空の下で生きてる。



それだけで私は幸せだと心から思える。






理由があって、離れ離れになってしまった家族の人。


家族は血の繋がりだけでは無いし、場所の遠い近いでもなく


それぞれが違う方向を向いて歩いていても、


家族が健康でそれぞれの道を一歩ずつ歩いている姿を


応援していて、心で案じていると思います。



まずは自分の歩く道を信じて、


そして、自分を大切にする事。


今目にうつるもの、耳に聴こえるもの、心で感じたもの


全てに感謝して、自分を大好きになる事。



辛い事があっても、笑顔を忘れない事。


孤独では無いと信じる事。



きっと、少しずつ「お守り」が増えて、パワーいっぱいに

なれると今は信じてる。





「いつか」が来る事を願ってる。


” 27回目のお誕生日おめでとう ”