"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

世界遺産に認定された話

SPONSORED LINK

少し長くなりますが、お時間のある方に是非、読んで頂きたいです。
世界遺産認定(レベル)は私がしたもので、イラッとした方はごめんなさい。)























私の欲しいものリストから




犬くんの為に贈って頂いた柔軟剤のおかげ!!!という話とその後の報告です。








目は日に日に見えなくて明かりを拾う程度の私の家族の犬くん。






彼の顔の中で密かに生きてくれているのが





彼は一生懸命にで自分の安心出来る匂い
(頂いた柔軟剤の香りが好き)
を見つけて




やっと自分のお気に入りのハウス
(私は"おうち"と呼んでいます)





再び眠れるようになりました。




えっと・・・・大抵、毎日こんな感じです。















注:元々は正方形でした











上から見ると黒い毛玉のように観えるかもしれませんが、





実は彼自身はこれとっても安心して眠れています!










お気に入りのブランケットを冬物から春夏仕様に頂いた柔軟剤を使わせて頂いて洗ってあげました。






香り効果が好調だった冬物のブランケットから


春物に変える時、


とっても心配したけれど、


彼はちゃんと香りを見つけて中々上がらない脚を


ヨイショヨイショして


中に入っては安心して眠れている様子です!!








時々、中へうまく入れず途中で断念して?


そのまま眠ってしまう事もあります!















補足:この逆バージョンの時もあります。頭だけいれたり。
















このハウスは14年間使っているものです。











犬くんが1歳のお誕生日にプレゼントしたものです。


このおうちは、元々はネコちゃん仕様で売られていたものでしたが、


当時、パッと見て色が明るくて私が一目惚れしたものでした。








更に当時の彼の体のサイズにピッタリでした。


(その後、彼はどんどん体が大きくなって・・・・・)


「明らかあなたのサイズがあっていないでしょ!」と

ツッコミたくなる時期もありましたっけ。







彼は赤ちゃんの頃から噛み癖の全く無い犬くんでしたが



洗っては干し使っていた為にさすがに何度も壊れていました。










お恥ずかしながら、いまだにミシンを持っていない私は



手縫いで修理しては今日まで頑張ってくれている大事な大事な
おうちです。










プレゼントしてから1年位は
壊れるたびにいくつか他のハウスをプレゼントしましたが・・・・・






一向に犬くんは入ろうとせず、このおうちを探すので
捨てられず今日まできました。











当時から彼なりにこのおうちを気にいってくれたのだと思う。


その犬くんもいよいよ今月15歳になります。


今月16日は、犬くんの15歳のお誕生日です。







お誕生日に彼が人生の大半を過ごした京都へ連れて行ってあげると

いう事は叶わないけれど、京都御所のイメージに限りなく近いであろう?


東京の御所内?へ何とか抱っこして連れて行ってあげたいな。






私自身も東京へ来てから、まだ1度も行った事が無いのだ。




以前は、彼が電車や車に乗れるようにと、


持っていた移動用の為の



キャリーバッグ?のようなものは壊れて



それはさすがに私では治せず、捨ててしまった。






その後は新しいものをあえて買わずに病院などへ行く時は、



数年前に娘が犬くんに丁度だと言った小さなコットンのバッグに



入ってもらって抱っこで移動してる。










最近は、本人もきっと不本意であろうトイレ事情があって、



犬くんのブランケットだけでなく、


私の使うシーツやカーペットもほぼ毎日洗わなくてはいけなくて



頂いた柔軟剤も少なくなってきていますが、




大事に大事に使わせて頂いています!!








犬くんのお尻さんを拭く、を拭くためのワイプも
毎日沢山使わせて頂いています!


まだまだ使えます!



これは、元は人間の赤ちゃん用ですが、



お年寄り犬ちゃん、ネコちゃんのいらっしゃるお宅に




オススメのお品です!









最近では日にもよるのですが、



最低でも1日に4枚〜8枚は絶対の絶対に必要なトイレシート



これまた犬くんが香りを頼りに歩いて行けるトイレシートです。



これ本当に本当に助かっています。











私の収入だけでは限界があって、買えなくてどうしようか・・・・と



何度も犬くんにごめんねと謝った事がありました。









目が視えない事でイライラしていたり恐怖心が強く、



体も痛いらしく抱っこを以前のようには沢山させてくれない犬くん。








それでも、探して私のそばまでヨロヨロしながらでも歩いてきて


何かしら話をしてくれる時は、私も一生懸命に話をしています。








きっと私にも匂い(臭い)があるのでしょうね。









犬くんを動物として考えると(ぃぇ、正真正銘動物です)


本当は柔軟剤は体の為には良くないものだったと



今更ながら思いますが



目が視えなくなっても最後まで機能するのはだとわかって、


今では香りのある柔軟剤を使っていて



良かったと結果オーライ的に考えていました。






今、犬やネコちゃんを家族として暮らされている方へ


いつまでも可愛い赤ちゃん時期、


ジャンプして走り回ってくれる時期が永遠に続く事は難しいと考えて



何らかで、その子が安心出来る匂いを赤ちゃんの間から身近に


置いてあげれませんか。




おもちゃなどは、お年寄りになってからは、



興味を示さなくなるかもしれません(涙)


(我が家の子だけかもしれませんが、どれだけおもちゃを彼の好きな香りの柔軟剤で洗ってもダメです)






目が見えなくても安心出来る場所を香り誘導してあ


げられるようになってほしいです。






柔軟剤トイレシートも満足いくように



買ってあげられない私に代わって



贈って助けて下さった方お二人には、
(多分2人だけだというのは私の思い込みだったらすみません)


どれだけ感謝しても感謝しても足りないくらいです。






本当に嬉しくて嬉しくて人に対しても全ての事についても純粋に


感謝の気持ちを心から持てるようになっていく自分に驚いています。







今日現在も犬くんは無事です。



私と共に生きてくれています。






いつかは彼が私よりも先に天国へ行かなくてはいけない



その日が来るまでに


が何よりも先にとして、女性として、



しっかりしなくてはいけないという事を



教えてくださったと思っています。








本当なら、この世の全ての人に見放されてもおかしくないような私を


遠くから応援して支えて下さっています。









こうして生かされている全てに感謝の気持ちでいっぱい。








今の私は、


それ以外の事は大抵、どうでも良い事や後回しに出来る事ばかりで



今、ここで私が大事な家族である犬くんと



笑顔の時間を持てる事自体が





世界遺産素晴らしい事だと信じています。









全ての命ある人、家族、生き物全てが安心出来る場所で笑顔で



いられる時間が少しでも長く居られますように。






私の想いを読んで頂きありがとうございます!