"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

語尾と思い込み

SPONSORED LINK

昨日のドラッグストアで(一応最後の)出勤中に起きた1つのエピソード。





たまたま私が事務所にいた時に電話が鳴って、出た。






お客様「あのー、すみません。ちょっとお聞きしたいんですけどー。」


「はい!いかがされましたでしょうか?」


お客様「そちらに大麻はありますか?」




えっ・・・・・、申し訳けございません、お取り扱いがございません」








お客様「念のために売り場を確認してきてもらえませんか?」










「ぇ、ぁ、はぃ、確認させて頂きます・・・・今頂戴しているお電話ですので
一旦お電話をお切り頂いて、こちらから改めてご連絡させて頂いても宜しいでしょうか?」






お客様「わかりました」








お客様「あのーぉ?そちらドラッグストアですよね?」







「はい。さようでございます」


お客様「じゃ、電話まってますね!!」








切電











気を取り直して早速、社員に確認→
「無いでしょー!!
ここ日本だよ?!」











気を取り直してお客様へ連絡。












「申し訳ございません、やはりお取り扱いがございません」












お客様「困ったわぁ・・・・ぁ」












「多分・・・・どちらのドラッグストアでもお取り扱いが出来ないものかと・・・・」


お客様「あらぁ・・・・そうなのぉ・・・・」







「ぁ、、、はい・・・・」




お客様「本当に困ったわぁぁぁ〜〜」












「お力になれず大変申し訳ございません」








お客様「じゃ、面倒だけど自分で何度も時計を見るしかないわね・・・・」









「ぇ・・・・・・・・・」








「ぉ、恐れ入りますが、た、大麻ですよね?!」



















「ぃ、ぃ、医療大麻ですか?」ココ意識的に小声で言ったような気がする











お客様
「医療用じゃなくて、ほらぁ〜お料理作る時に使いたいのよね」










ぁぁぁぁぁぅああああー!!!!キッチンタイマーですか!?」













お客様「あ〜、そういう言い方するかもしれないわね?!」













「大変申し訳ございません。やはりこちらではお取り扱いがございません。
お近くで難しいようでしたらネットで手に入るかと思います・・・・・」















お客様「あ〜インターネットね!探してみるわぁ〜」「お忙しい時に申し訳なかったわね〜」
















「ぃぇ・・・・こちらこそ申し訳ございませんでした」








切電



















最後の最後に起きた社員さんに笑われてしまったエピソードとなりました(焦)