"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

日本で使う英語

SPONSORED LINK

ふと思いだした事

貴重な休みに部屋に引きこもりが有り難く。

無駄にiTunesがシャッフルされ続けているせいで

偶然まわってきた曲で

さっきまで忘れていたんだけれど思いだした事がある。

曲名は

The Chainsmokersの

"Honest "という曲。



この歌詞の内容はさておき、


絶縁中の娘がまだ幼い頃の事を思いだした。

しばらくだけ日本の中学校(ぇ?幼くなかったか・・・・)へ

通っていた時の英語の授業で小テストみたいなものがあった時の事。



"honest "の意味を「本音」「うそじゃない」と書いて

だった時に、

「何が違うの?」と怒った事があった。



ただそれだけの話なんだけど当時の娘と私の会話とか

日常が走馬灯のように頭に(涙)




いつの時代になっても、

英語が義務教育の必須科目になってからも

何をどう変えても、

一向に日本人が莫大な時間をかけて英語を勉強しても

世界的なレベルから考えると、

英語が話せない、聴き取れない件は永遠のテーマになるかもしれない。



そこでふと思ったんだ。

日本人は英語が話せないんじゃなくて、

良い意味で「真面目」な気質とか習慣性っていうか

1つの方向を皆揃って観ていないと駄目だっていう身の回りには環境があって・・・・


もうこれは誰が悪いとかのレベルじゃくて、

これが長い長い年月を流れて

日本で暮らす日本人の生活スタイルなんだよなーって。


英単語一つの意味は1つ。

文法も大事にして。

漢文や古文にも色々な説がある中、

学校で習う事は1つ。


それを暗記しなくては生き残れない環境。


教師の中にも、もしかしたら

私は本当はこういう風に教えたいんだけれど・・・・っていう独自の

考えがあっても、結局のところ「組織」に属し

日本という国の習慣や生活環境が邪魔をするというか

良い意味でも悪い意味でも島国。


外の景色や空気をうっかり受入れたりしたら

たちまち周囲から浮いて見られてしまうこの環境。



就職活動で真っ赤なスーツにハイヒールを履いて行く学生がいたとして、

英語が仮に難なく話せたとしても

不採用になってしまう確率が「大」だというのは

「個」を出しても良い場所へ進む他ないのだ。


ブログなどで有名になった人の中には

いわゆる大手企業と呼ばれる所へ就職してはみたものの、

「個」では「並ぶ」事に違和感を感じ退いた人も多い。

一方を向く事を重要視される場所が好きな人も中にはいる。

どれが正解とかではなく、

結局のところ

自分がどこを向いていたいのか?は大事だよね。


で、いつもどおり、話が反れたんだけど・・・・・

honestの単語だけを直訳すると、何が正解なのかな。


私も正直言うと、


あの時の娘の英語の授業の最後にあった小テストの正解は何だったのか?


結局わからない(焦)



私が先生なら「◯」をつけてあげただろうけど(焦)





東京へ来てから確実に感じているのは、


都内で地下鉄に乗るために恐ろしい程深い深いエスカレーターを

数え切れない程沢山の人が、綺麗に並んでお行儀よく?待ち、

片方を開けて、立つか進むか。


東京では、左が立ち止まって良い場所。

右が急いで駆け上がる人。(大抵、私はこっち)


これも、いつ誰が決めたのか詳しい事はわからないけど

日本のこういう規律っていうか、決められた方向に

誰も文句を言うわけでもなく丁寧に並んでいるところって

凄いって思う。



1分遅れてきた電車に乗ったら丁寧なゴメンナサイの挨拶が

アナウンスされる。

日本も今から50年前なら道には野良犬が普通に歩いていたり、

タバコを吸いながら歩き、ポイ捨てなんか当たり前だったし、

ホームレスの人が通学路であろうとどこであろうと

普通にいて。


電車の中でお弁当を食べる人だっていた。(新幹線とかじゃなくて)

割り込みで入る人だって沢山いたさ。

優先席なんかあって無いようなマークだったし。


ぁ、また話が反れたよね(焦)



で、話を思いだしつつ元に戻すと・・・・・


英語の単語の意味は、学校で習う事が100%だ。

それを疑う事もなく、発音も英語の先生のレベルで耳が慣れるのだろう。


私の年代は古すぎるのだけれど

大学までいれると最低でも10年は勉強したのに英語が話せる事は無かった。

私は学年中でも特に勉強しなかった事にだけは自信がある。

英語どころか、国語もサッパリ理解していなかった。




今の時代だと、幼稚園や小学校でも英語を取り入れているのだから

19年?


19年間、英語のある生活をしていても、

22歳になった時に、日常生活で英語を役立てる事が出来る人がどれだけいるだろうか?



個人的に英語を習うとか、

英語圏へ留学するとか、

これが出来る人はごくわずかだろう。

英語で授業を受ける学校も増えてきているとは言え、

それでもやっぱり一歩日本を出れば話しているのは

ジャパリングリッシュだ。


あぅぅ、、、悲しい。



無料で学校で教えてもらっているだけでは

日常的に英語が話せる聴けるまで達しないのが残念過ぎるよね。




私もその中のひとりだったんだ。

30歳ソコソコで、日本を出た時に、

ハローとバイバイくらいしか正直わからないレベルだった。

ただ野菜やお肉を買いに出るだけでも緊張の連続だったのを思い出す。

レジでお金を払い出てくるまでの間、

どうかもう話しかけられませんように。と心で

祈り続けるばかりだったのを思い出す。



数年間生活している間に、嫌でも現地の人達の英語を聴き取り

こちらからも会話をしなくちゃという環境になって初めて

テキストを使うのではない語学の勉強が始まった。

当時の私は帰る場所が無かった。

だから一生英語の環境で子育てをして、自分自身も聴き、話す大事な手段が

英語だった事が結果的には良かったのかもしれない。

ピアニストが音を聴いただけで音符を書くのに近いレベルで

私も耳コピー英語ばかりの日々。


さすがに、書く為にはスペルがわからないと駄目だったけれど。



警察に話しかけられ時の言葉。

強盗や事件に巻き込まれた時の英語は日常でしょっちゅう使わないものだけに

映画やネットで観たり聴いたり。


更にスラングは、辞書に無いわけで。

10歳以下の子供が話す英語。

ティーンエイジャーの英語。

社会で使う英語。

オフィスで必要な英語。

買い物の時。

病気になった時。


日本語もそうだけれど、

場面ごとに使い分けが必要な言語の勉強は、実際その場面に遭遇しないと

活きてこないものばっかりで。


私はラッキーな事に、強盗にもテロにも遭遇。

10歳以下の子供やティーン集団にも遭遇。

オフィスで必要な最低限の言葉。

道で知らない人と会話が始まった時の会話にも参加出来た。



それが・・・・・・


帰国して日本で暮らして日本語だけで生活をしていれば、

どんどん英語を忘れてしまう。


ただ、周囲を見渡してもわかるように、

「英語」だけでなく、外国語を使って日本で話そうとすればする程、

今のこの時代でも好奇な目で観られる。

さすがに空気を読めない私ですらこのジロジロな目は感じてる。




移民の国では無いにしても、いったいいつの時代になれば

他国の言語や服装、習慣を観てもジロジロ見られない場所になるんだろうね?!


くどいようだけれど、

絶縁されたけれど私の娘も、

日本へ帰国した頃は、日本語よりも英語使用頻度が日常だったから

どうでもいいような英語がふと出てしまったりして、

学校の先生やクラスの子からの好奇な目で見られて

嫌な思いをしたことを「ママにはわからない!」と怒ったものだ。

帰国子女である事を隠して英語を一切使わなくなった。


唯一、今一緒にいる犬くん相手に英語で話かけているくらいだったんだ。

あぁ、その犬くんを私は奪ってしまったんだね・・・・(涙)



地方都市にも多くの外国人が暮らしているとは言え、

首都には圧倒的に外国人が多く住んでいると感じる。


英語だけとは言わないけれど簡単な英語を話せたり聴ければ


ラッキーな事もあるはずなのに。



日本人同士で、英語を使う理由も場面も無い。

職場で、英語が必要になるところへ就職したら良いだけ。

と、言ってもそう簡単にはいかないだろう。


今のバイト先でも英語が話せて格好いいとか言われてしまうけれど

うっかりいい気になって英語を使い会話をするわけにいかない。


それが日本で気をつけなくてはいけないところ。

「謙虚」さというより、

どの職場であっても目立つ事をしてはいけないのだから。

「個」よりも「集」に神経を使わなくてはいけないのが

私にとってはとても生き辛い。

多分、娘も・・・・・



ここ数日、犬くんの体調があまりよくない。

それでも彼が頑張っているからにはママである私も頑張らないと。


ふと考えてしまう事。

もしもこの子が寝たきりになったりしたら?

私が仕事を辞める=無収入。

つきっきりで看病をする事が出来ないとなると、

この子はどうなってしまうのか?

お水を飲みたいのに飲めないとかおしっこやうんちは?とか。


いや、その事を今心配する事なのかどうか?

それと英語環境は全く関係の無い話であるわけで・・・・


もう、頭が混乱ぎみで鬱。


2日間の休みで合計24時間は犬くんと一緒に過ごせたと思う。

狭い狭い部屋の中なのに、

眠って起きると迷子になったりしてオロロと歩こうとするこの子を観て

私まで不安に。

でも、私が不安になったりしたら駄目だ。

私の精神や心を犬くんは100%読むから。


私の高い声を聴き取れないから、あえて頑張って私の中で出る一番低い低い声で

こっちだとお知らせする。



それでも、迷子になってしまう犬くん(涙)

本人が一番不安だろうね。

壁に向かって突然「ワン!」


自分のハウスに入ってみたり、ベッドの上で眠っていたかと思うと、お水を自分で飲みに行き、

ちゃんと決まったトイレへヨレヨレで歩きながら行く。


戻ってくる時に大げさに褒めてあげる。


人間の赤ちゃんの子育てと同じ事が始まってる。


これまで何度も何度も転居したり、旅に連れて行ったりした事で

この子は楽しかった事よりも不安にさせた事のほうが多かっただろう。


ある日は日本語で会話。注意したり、褒めたりお知らせしたり。

ある日は英語で会話。 注意をしたり、褒めたりお知らせしたり。


色々な場所や環境の中でいつも私と娘の間で楽しい時間を与えてくれた

大事な大事な家族だ。

love ya!! Harbie!! Don't give up with me!!!

大好きなharbie ママと一緒にがんばろうね!

今日の夕食に一緒に食べた筍ご飯!!美味しかったでしょ!?

しっかり寝て、明日の朝からまた笑顔だよ!でしょ?!f:id:ecoplace:20180221210403j:plain