"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

歪みを知る事

本当は眠ったほうが良い時間なんだけれど

今日はこれだけは書き残しておこうと思う事があるのであと少しだけ。


今、

私が温かい場所でこうしていられる事になれたのは

友人のおかげ。


去年の7月中旬から

日々の生活や時間に追われて感謝する気持ちが

歪んでしまいそうで心のどこかで自身に

罪悪感でいっぱいだったんだ。


そして、何もかも自分の思い通りに事を

勧めようとするあまり、自分が本来どこを向いて

歩いていこうとしていたのか?

忘れてしまうところだった。


自分を遠くから見守ってくれている人の気持ちを

無駄にしては申し訳ないと、

何でも良いから働いて、

とにかく生きてさえいれば良いと言い聞かせた。



そんなこんなで、今。


「感謝」をするという気持ちや「事」について

考え直すチャンスがまわってきた。



私のこれからの人生は誰のものでも無い。

自分自身のものなのだ。

ただ、自分が好き勝手に生きて良いというわけでも

自分に嘘をつきたくないからという理由で

自分の好きな事だけをして日々を過ごすというのも

これは、違うんだ。と考えさせられた。




誰かに強制されたわけでも

自分に嘘をついたわけでも無い。


ただ、

立ち止まって少しだけ自分自身を遠目に

観て振り返る事が出来た気がする。



明日の事を案ずる事や、少しだけ将来を案ずる事、


目標や計画も大事だけれど


今この瞬間に感謝が出来る自分を大事にしようと思ったんだ。



「ありがとう」



この言葉を口にしてから

眠るような習慣が出来てきていて

自分自身を一旦リセットしてくれる魔法のような言葉になる。



これまでどおり、夢は持ち続けよう。

これまでどおり、目標も持っていたい。


ただ、これまでと違うのは

自由を履き違えない気持ちと、

「何か」が起きた時にも感謝する気持ちを忘れないという事。



まだ起きてもいない、悪い出来事を案ずる習慣をやめてみよう。


今日、純粋にこう思えた事に「ありがとう」

今日も1日、家族を近くに感じられた事に「ありがとう」