"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

無駄な時間にならなかった

日曜の夜に仕事を終える頃には、熱が絶好調で鼻水も鼻血か?レベルで垂れていたりで

それでもどうにかこうにか仕事を終えて。

翌日月曜は、出勤する人が異常なまでにインフルエンザ休みだらけで

私は這ってでも行かないと!!と意気込んでいたものの・・・・バタ

それでも午前中に出勤してみたところ、

「今すぐ病院へ行ったほうがいい」と新卒くんが

言ってくれて(涙)


社員の人達はインフルエンザだろうと熱があろうと出勤しているわけで。

勿論、給料もボーナスも発生しているのだけれど

あの12時間以上も働いている彼らの力になれなくて

何しに来てるのという気がしなくもなくて。



今回は、又もインフルエンザかも。と思った時には

出勤して熱が出たら、解熱剤と吐き気止めで乗り切った。

いや、本当は大勢の人と接するわけだから駄目だよね。


だけど、そう。

わかってる。

私がいなくてもいくら大型店舗でも閉店にはならない。

社長が突然失踪しても会社は回転するわけで。


一緒に働いている人達の中には意地悪な人もいる、

だけど、表向きであったとしても

こんな私に暖かく接してくれる人もいるのだ。

辛い事が拘束時間中続いても、1つでも笑える事とか

嬉しい事があれば頑張ろうと思える。


フリーであろうと組織で働いていたとしても「仕事」は、

自分に関わる「人」の全てが

チームだと考えて支えあえる事が理想的だと思う。


お互いに声をかけ合える。

仕事は大変でも、時には難しく頭を使いまくっていても

自分を支えようとしてくれたり

応援しようとしてくれる人がいる事がどれだけの

パワーになることか・・・・。


今回結局、1週間休まなくてはいけなくなったけれど

その間に、頭痛やら体中が痛む関節痛やら、目がフラフラしながらも

私が学べる事が

どれだけ大きかったか。


ある女性からの言葉が私の頭をクリーンにしてくれたんだ。

贈って頂いた言葉の全ては私の心の中に

大事にこれからも置いて温めておこうと思う。

そんな
幸せな気持ちにさせてくれる出来事が次々に起きた。


その女性から伝えられた事が私にとっては

どの言葉の意味も大きく、心が洗われたとはこの事だろうか。


目を開けて歩いているつもりでいたけれど、

実は、真っ黒のサングラスをして歩いていたのかもしれない。


1年前の私なら言葉がすんなりと心に入ってこなかったかもしれない。

だからこそ、このタイミングにとても感謝してる。



長年してきた暮らし方、考えかた、生き方をいきなり何もかも変える事が

出来るだろうか?正直不安が無いか?と言えば嘘だ。

まずは何から初めたら良いのか?!



ただ今の私が出来る事として



1日1回でも構わないから

過去現在全てに

私に関わってくれた全ての人に「ありがとう」と口にする。


眠る前には「よく頑張った」と自分に言ってみると決めたんだ。


犬くんには、これまでと変わらず毎日

「愛してる」と言おう。^^



日曜からまた仕事が始まる。

あと2日で体力を戻さないと!