"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

日本国内にも今でも実在してる!

headlines.yahoo.co.jp

チャウパディとは

チャウパディとは、ヒンドゥー教に基づき、生理中の女性や出産後の女性を「不浄」とみなして隔離・監禁する慣習。


私が結婚していた(離婚済)相手の婚家が、まさにコレだった!!

日本人で、神道(神社)を信じる家族達だった。

いまだに私は神社の教えが嫌いだし、詳しく知りたいとも思わない。


家を建てた時にする「地鎮祭」の時に、私は出産後だった上に生理中だった。

姑、舅から、地鎮祭の間、土地に入るなと言われて待っていた事を思い出す。



えぇ、えぇ、私は生まれて始めてしった風習でしたとも!!!(怒)




私が嫁いだ家には、

神棚があり何かにつけ、この「神棚」神様

家族にトラブルを起こしてくれました!



その後、神社アレルギーになった事は書くまでも言うまでも無い程の意味不明な

嫁ぎ先だった。



「生理中の女性は汚い」なんて、どこの国の風習かと当時は思った。

でも、その後日本の神社の数々では、

いまだに、この女性の「生理」についての認識?意味?風習?が根深いらしい。




私は、数年に1度くらいなら神社を観光出来るようにはなった。

ただ、神社の神様に助けられようとも思わないし、

豊作も願わないし、

誰かの為に神頼みをする場所だとも思えない。



私は今でも生理を巻き起こしてしまいますのでねっ!!(怒)


神社に仕える宮司さんが、神社のお金を使い込んでクビになり

姉が神社の宮司になったけれど、数年後に実の弟に日本刀で

刺されて亡くなった人も最近いましたよね?!


「神社」や「寺」は、日本では1度は訪れているとは思うけれど

神社の宮司さんの下半身のだらしなさや、

セクハラ、パワハラはそれまでからもよく耳にしていた。


絶対にあの世界にだけは足を踏み入れたくない!!!

女性蔑視は、何も神社だけの話では無いけれど

女性の「生理」を汚らわしいという考えかたのある

神道」にだけは、


えぇ!!えぇ!!えぇ!!

絶対に関わりたくは無いものです!!