"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

お金に振り回された結果

色々なブログを観てもTwitterを観ていても
"お金"の話題ばかり。

確かに生きる上でお金が無いと困る。

"もっと""もっと""もっと""もっと"

何にでも向上心は大事なのだろうけれど

私がこれまで生きてきた中で

周囲に

この"お金"に執着心の強い人で

手に余るお金のある人を観た事があったかどうか。


"お金"ではなく、"人"を大事にしている人には

自然と"お金"が舞い込んできている人には多く出逢った。


"節約"と、"ケチ"のこの微妙な差。

"欲"は人を成長させる部分もある。

ただ、欲深さが強いあまり、多くのものを失った人は

多いのでは無いだろうか。




自分が何を1番に力をいれたいのかは

人それぞれで良いのだけれど、

目の中も頭の中も発言も"お金"の事ばかり考えている人とは

距離を起きたくなるのは私だけだろうか。



"ちっちぇーっ!!"

そう感じ取ってしまった人には何の魅力も面白さも感じなくなる。



面白い事をやっている人は

発言も面白い。

そして、そういう人は不自由の無い"お金"がある。


その"お金"を使ってまた面白い事を出来ている。



私が人生で何を1番失敗して後悔しているかと言うと

”面白さ”よりも"安定"を臨んだ事。



安定をさせたいがために、"お金"の事ばかり考えてしまっていた。


結果、"自己破産"ってどうなの。


私は頭が悪い。


まだ30代の頃、自分は他人と違うと頭のどこかで思っていた。

だから、どこかで他人を見下していた。

他人の事が気になって仕方が無い。

他人と違う事を。

他人には負けない。

負けたくない。

生活を安定させてその位置を守る事。


今の私は?

日本の国の社会でどん底がどこにあるのか?

ホームレスという経験をしたから故、

正直言えば、その答えはわからないけれど

私には最低限の衣食住がある。


何が足りないか?

それは、これまで守ってきたステータスでも

預貯金でもない。


腹の底を出せ、見せられる"場"と"友達"

私は、こんな年齢になったからこそそう思えるのだと思う。


若い頃(20,30代)は、

とにかく独りで生き抜く事や知恵ばかりを身につけてく事を

考えていたように思う。


それは、結果的に違っていた。


自分に腹の底を出してもらえたり、

腹の底を見せ和える友人や場が無い今、

これが自分が今までしてきた事の結果、答えだと思い知ってる。



これから先の人生に必要なものは

老後のお金ではなく、

"友"と"場"だと痛感してる。



お金をいっぱい持っている人が、

タワマンで暮らし、オシャレな衣服やバッグを身にし、

毎日、安定した仕事へ行く。

週の何度かは帰りにジムへ行ったりする。

缶ビールとつまみを自分の分だけ買い、

家で読書したり映画でも観る事は幸せに観えない。


きっと彼らはそれを想定して頑張ってきて得た

ステータスなのかもしれない。

ただ、幸せに観えない。



本人が幸せだと感じている時間は

この先いったい何年間保つだろうか?


不死鳥でも無い限り、

皆、平等に老いがやってくるわけで。


多くのお金があれば、

他人よりも良い介護付きの

ホームにでも入れるだろう。

そこで出会う人達の名前や顔が一致しないまま

最期を迎える事は本当に幸せだろうか?


"家族"と、"友”はお金で買えないと思い知る。



1日をあっという間に終わらせてしまう

この日々を来年の今頃になって又後悔しないような

人生に私はしようと改めて最近想う。


小さな島の、小さな街で、

小さなコミュニティ。


地球は広いのだから。


北海道から沖縄へ転居したからどうだというのだろうか。


沖縄から礼分島へ転居しても、環境は代わるが

日本語を話し、大して変わらない風習、習慣、

井の中の蛙とは、日本にピッタリの言葉だと心から思う。



この先の私は、お金を貯める事は出来ないかもしれない。

そして、溜め込もうとも思えない。

"友"と"場"の大切さを思い知ったから。



日本の良さを悪さを忘れないで、

海外の厳しさや面白さの中で最期を迎える。

これが私の最大の今の目標。


日々に追われて、自分を小さくまとめて終わってしまうなんて嫌だ。


真面目に待って「青」になった信号で、

横断歩道を渡っている時に、

車にひかれて最期を終えるかもしれない?



それは、決して悪い事では無い。

人生の最期まで真面目に、

誰にも後ろ指をさされる事も無い人生だったのだから。


ただ、もしも?天国というものがあるとしたら、

そこへ行った時に、


自分が生きてきた人生をどう振り返るのだろう。


新卒で有名企業へ就職して、定年まで真面目に

働く。

好きになった人と家族を築く。

子供を成長させて、巣立ちを見送る。

これも、1つの人生の形。



何ら悪いわけでは無いよね?

誰かの為に生きる事を幸せだと感じる人は

いっぱいいる。


目先の事でいっぱいなんだ。

大半は、レールから外れない事に必死だ。

誰が敷いたかもわからないレールの上を

外れないように歩く事だけに必死。

そうじゃないんだ!!と声を出す事も

レールから外れる気持ちにも行動にも

うつさず、他人の事ばかり気にして

他人を批判する。

そんな日々に私はもう沢山。うんざりだ。




生かされたからには、

この先の人生を何よりもまずは自分が幸せだと感じて

日々過ごそうっと。