"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

経過報告と戒め

f:id:ecoplace:20171003150220j:plain

とうとう10月に入りました。

去年の10月を先週くらいのように感じたり

何十年も前にも感じながら思い出していました。




9月から始まったバイトもなんだかんだで1ヶ月は続き、週5で働いていたという実感はあまりなく、

1日を終わらせる事だけでいっぱいいっぱいだったような?感じで10月に突入。


今日はちなみに休みですが、

今から犬くんの通院の為に病院へ行く予定です。

彼は晴れ男なのか?病院へ行く前になって雨もやみました!(自転車で行けます)



そして、とりあえず出発前に。

またまた500円玉貯金ビンの中を撮ったので、写真をアップしました。



写真を観てもらいたいというよりも、


私が勝手に使い込まないように写真をここにアップする事で自身へのブレーキになってくれる事を前提に


自分の戒めになれば?と、思っています。



何しろ、貯金箱なるものを持った事がこれまで無いので(焦)



貯金ビンはとにかく深いです!


まだ底が余裕で見える(焦)


何なら、360度見えます(笑)



実はここ最近、

500円玉でおつりをもらった時、「げっ!」ってなった事が

何度かありました。


頭では貯金ビンに入れたくないな〜って思っているのでしょう。

だけど、「手」で貯金ビンにいれてしまう事で諦めがつくのでこれは不思議です。


新しいバイトで、生まれて始めてのレジ経験をしてみると、

他人のお財布を毎日沢山観る事になりました。



この他人の財布を観ると、他人の性格や生活がほぼ見えてきます。


お金は沢山入っていなくても、綺麗に大事に使っておられるであろう財布の人もいます。


何十万もするお財布を持っている人が、

中身を丸見えにさせて、札束を持ち歩いている人のお財布を観ると、

あぁ、何となくだらしのない散らかった家の中が見えるな・・・って思う事もあります。



私は京都出身という事もあってだと思うけれど、「ありがとうございます」とか「ありがとう」は

ごく自然に口にしていたりします。


東京へ来てから今でも慣れないのは、こちらからの問いかけや言葉を無視する人がいかに多いかという事。

そういう日々の中で、

お金を払う側の人間、受け取る側の人間の気持ちになってみて改めて感じる事や考えさせられる事が多いです。


お買い物をしてるのだから、偉そうにして当たり前。

お金を払っているのだから何を言っても当然。


言葉にしなくても、この気持が100%出てる人に会わない日はありません。


レシートを見てから投げて行く人もいます。

お金(お札もコイン共)を投げる人もいます。


何にそんなに怒ってるの?と思う人が多い事に驚きます。



お金を払い、物を売ってもらい、双方が得るものがある。


お金を得るには、働いていて。

物を得るには、売り側がいるから。


深く考えた事は無かったけれど、

お金をどれだけいっぱい持っていても、

もしも日常で物を得る事が出来なかったら、お金は意味の無い物体なんだなって思う。



クレジットカードで支払う人が、支払いが遅れているのか磁気の問題なのか、カードが使えずエラーになってしまう人が

1日に数人はいます。


そういう人は、なぜか逆ギレしたりします


ポイントで支払うという人もいますが、ポイントが溜まっていないと知ると更に逆ギレしてしまう人もいます(汗)



そういう時、私の頭の中に出てくる言葉は決まって、

関西弁でいうところの、「なんでやねん!!」って感じです。



そんな時でも、

「申し訳ございません」と言わなくてはいけない理不尽さ(焦)


接客業で働く人材の殆どの人が、1度はこういう経験をしているのでしょう。

営業系の仕事をしていれば、こういう経験はアルアルだと思うのですが、

電話の向こうではなく、数百億というお金が動いているわけでもなく、

数百円、数千円レベル、のお金の事で、目の前で逆ギレしてる人に対しての対応って、笑えない。


この歳になって?ですが、学ぶ事がいっぱいのバイトとなっています。



スマホを使いこなせない人が、スマホSUICAを入れたはいいけど、使えない人がこんなに多いとは(汗)


レジでスマホをタッチしたところまではいいけれど、SUICAの画面じゃないトカトカ(汗)


お金を頂くだけで終わるところが、スマホ操作を教える事になるトカトカ。


気持ちはわかる。

だけど、自分の後ろが観えない人は駄目だ。


自分のせいで、後ろが大行列になっている事は感じなくちゃ。


私もこれまで他人に迷惑を一切かけて生きていなかったか?と言えばNOだと思う。


だから、頑張ってる人は応援したい。

私の出来る範囲でね。


スマホのテクニカルサポートの仕事をしていた事は役立ったかも?!(ポジティブにポジティブに)



いや、その前に、

Hatena Blog使えるようになろうよ、ワタシ。(涙)